オーディオブック

オーディオブックは意味ない?【体験談】愛用歴3年の私が効果を解説

アイキャッチ画像 _オーディオブック意味あるの?
しつもん君
オーディオブックって意味あるの?紙の本だとメモできるし、内容も頭に入りやすいと思うんだけど。なんか読書効果は低そう…

 

上記のような質問に答えます。

 

 

こんにちは、りはぶん(@rehabungakuです。読書×NFTブロガー。ふだんは介護施設のリハビリ職員(10年以上)、2児のパパ。趣味は読書で年間100冊程度。2019年よりAudibleを使いはじめて読書量が2倍以上にアップしました。忙しい人ほどオーディオブックはおすすめ。
りはぶん

 

 

 本記事の内容

  • オーディオブックには意味がある
  • オーディオブックには意味がある理由【7つ】
  • オーディオブックには意味がないと思われる理由【6つ】→解決策あり
  • オーディオブックの効果を紹介【体験談と注意点】
  • オーディオブックを無料で聴く方法
  • まとめ

 

この記事を読むことで「オーディオブックは意味あるの?」という疑問が解決します。

 

オーディオブック愛用歴3年の私が記事を書いてるので少しは役立つ情報があるかと。

 

結論から言うと、下記の通り。

 

オーディオブックには意味があります。なぜなら、読書効率アップの効果がたくさんあるから。

 

オーディオブックには読書効率をアップさせる「意味ある効果」がたくさんあります。体験談も交えて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事を読み終えると、オーディオブックの「意味ある効果」がイメージできます。

 

とはいえ、オーディオブックには意味あるの?という不安や疑問もよく分かります。

 

なので、この記事では「オーディオブックには意味がないと思われる理由」に対して解決策をご提案しています。提案を読んだ後でオーディオブックに意味があるのか、その有用性を確かめていただければ、と思います。

 

オーディオブックの有用性は下記のサービスでお確かめを
りはぶん

 

 

 おすすめのオーディオブックサービス

 

 

ちなみに、Audibleとaudiobook.jpを比較した記事もあるので、参考までにどうぞ。

 

あわせて読んでみる
オーディオブック比較_アイキャッチ画像
【2022年比較】Audibleとaudiobook.jpおすすめはどっち?

続きを見る

 

 

ちなみにAudibleでは、下記のキャンペーン中なのでお見逃しなく。

 

 

\まずは30日間無料で試してみる/

 

 

今なら、Audibleの聴き放題プランが無料体験できます。対象作品は12万冊以上

 

1冊でも気になる本があれば、Audibleの30日間の無料体験を試してみましょう。「本を聴く」感覚がバッチリ分かります。無料期間中でも解約できます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入し、繰り返しお楽しみ下さい。

 

\30日間無料/

Audibleで本を聴く

 

 

ちなみに…
りはぶん

 

 

\今なら、60日間無料キャンペーン/

【申込期限】2022年10月12日(水)まで

 

 

なんと、2022年10月12日までに会員登録するとAudibleの聴き放題プランが60日間限定で無料体験できます。サービス内容はいつもと同じで、対象作品も12万冊以上

 

2カ月間利用すると、通常3,000円かかりますが、キャンペーン期間中に登録すると2カ月間0円で楽しめます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入して繰り返しお楽しみ下さい。

 

\60日間無料/

Audibleで本を聴く

 

 

退会した人も…
りはぶん

 

 

\Audibleの再登録者が対象/
3ヶ月60%OFFのリトライキャンペーン

 

 

キャンペーン概要:Audibleに再登録すると、3ヶ月60%OFFの料金で利用できるキャンペーンです。

3ヶ月利用すると通常4,500円かかりますが、このキャンペーンでは3ヶ月で2,700円で済みます。

つまり、3ヶ月間は月額900円でAudibleが楽しめます。

なおキャンペーンにはエントリーが必須です。

エントリー期間:2022年7月23日(土)10:00〜2022年10月31日(月)23:59

キャンペーン対象キャンペーンメールを受領した方のみ。

 

改めてAudible(オーディブル)を利用したい人は、ぜひこの機会に再登録してみてはいかがでしょうか。

 

\エントリー期間10月31日(月)まで/

Audibleで本を聴く

 

 

オーディオブックという読書テクノロジーで人生を豊かに。

 

それでは、いってみましょう。

 

 

オーディオブックには意味がある

 

 

結論から言いますと…

 

オーディオブックとは「聴く読書」、ナレーターが本の内容を朗読するサービスで、読書効率をアップしてくれる“意味ありまくり“のサービスです。

 

というわけで、オーディオブックにはどんな意味があるのか。

 

理由を詳しく解説していきますね。

 

 

オーディオブックには意味がある、その理由【7つ】

 

 

 オーディオブックには意味がある、その理由【7つ】

理由①:読書量と知識量がアップする
理由②:倍速再生で読書時間を短縮できる
理由③:本の内容がスラスラ頭に入る
理由④:論理的な話し方が身に付く
理由⑤:本の内容が無意識的な行動につながる
理由⑥:かさばらないので持ち運びに便利
理由⑦:読書しても目が疲れない

 

しつもん君
7つも理由があるんだね。

 

はい、オーディオブックを3年以上使っている私が解説するので、読んで損はないと思いますよ。
りはぶん

 

サクッとまとめました、順番にみていきましょう。

 

 

意味がある理由①:読書量と知識量がアップする

 

 

仕事や子育てで忙しい人でも、意外と耳と手は空いています。

 

「スキマ時間」を有効活用しましょう。

 

 スキマ時間の例

・通勤時間(電車やバス)
・仕事の昼休み
・家事の時間(掃除・料理・洗濯)
・運動や散歩中
・買い物中
・ちょっとした待ち時間
・寝る前の時間

 

オーディオブックがあれば、上記のような「スキマ時間」が「読書時間」に変わります。

 

私自身、主に「通勤時間」や「家事の時間」などにオーディオブックを聴いています。

 

「スキマ時間」でも、細切れの時間をかきあつめると、1日で1〜2時間くらいありますよ。

 

 

意味がある理由②:倍速再生で読書時間をショートカットできる

 

 

オーディオブックは、読み上げ速度を調整できます。

 

 再生速度の調整

・Audible:0.5〜3.5倍速
・audiobook.jp:0.5〜4倍速

 

倍速再生で、圧倒的に読書時間が短縮可能。

 

ふだん、私はオーディオブックを2.5倍速で聴いています。

 

なので、1冊読むのに約5時間かかるオーディオブックでも、2.5倍速なら約2時間で聴き終えることができます。

 

ちなみに、私の通勤時間は往復で約1時間半。

 

となると、通勤時間だけで“2日間に1冊”のペースでオーディオブックが聴けます。もちろん、通常再生で聴いても1週間に1冊は無理なく完読できますよ。

 

内容にもよりますが、2倍速程度なら十分に聴き取れますし、理解できます。

 

 

意味がある理由③:本の内容がスラスラ頭に入る

 

 

オーディオブックは本の内容を読み上げてくれるので自然と内容が頭に入ります。

 

「耳に残る」とはよく言ったもの。

 

これは脳科学的にも説明できます。記憶をつかさどる「海馬」と聴覚をつかさどる「側頭葉」は、解剖学的にとても近い位置関係にあります。記憶と聴覚をつなぐ神経細胞は密接に関係していることが分かります。

 

ブックマークでお気に入りの部分を繰り返し聴いていると、通勤時間に目にした車内の風景や散歩中の景色など、そのフレーズを耳にしたときの映像が想起されるほどです。

 

なつかしい音楽を耳にすると、その音楽を聴いていた時代や場面がイメージされるあの感じですね。

 

 

意味がある理由④:論理的な話し方が身に付く

 

 

オーディオブックを聴くと論理的な話し方が身に付きます。

 

なぜなら、論理的な文章を聴くことで論理構造が丸ごと頭の中に入るから。

 

おすすめの方法は、下記の3ステップ

 

論理的な文章をアウトプットする方法(3ステップ)

・ステップ1:ブックマークにお気に入りの部分を保存
・ステップ2:ブックマークの内容をくりかえし聴く
・ステップ3:ブックマークの内容をシャドーイングする

 

シャドーイングとは、聴いた音声内容をすぐに復唱するテクニック

 

お気に入りの文章をブックマークに入れて繰り返し聴きます。さらに、その内容を自分の言葉で復唱すると、論理的な話し方が身に付きます。

 

もちろん、論理的な文章で書かれた良書を聴くことが前提ですよ。

 

 

意味がある理由⑤:本の内容が無意識的な行動につながる

 

 

オーディオブックを聴くことで、耳にした内容と同じような行動が無意識的に取れるようになります。

 

このような行動を心理学的に「プライミング効果」といいます。

 

プライミング効果とは事前に見聞きしたことがその後の判断や行動に影響を与えることです。

 

たとえば、自己啓発の名著「7つの習慣」をBGM的に聴くと、無意識的に本の内容が頭に入ります。で、この無意識下の情報が行動に反映されます。

 

紙の本を読むことでも同じような効果が期待できますが、オーディオブック(リスニング)の方が手っ取り早いですね。

 

 

意味がある理由⑥:かさばらないので持ち運びに便利

 

 

オーディオブック読書に必要なのは、スマホとイヤホンだけ。

 

かなり多くの情報量をとても身軽に持ち運べます。

 

紙の本は地味に重く、かさばるのでポケットには収まりません。実際、文庫本よりスマホの方が軽いです。

 

オーディオブックは、スマホの中に本棚が入っているようなもの。しかも、かさばらないので、持ち運びに便利です。

 

 

意味がある理由⑦:読書しても目が疲れない

 

 

耳を使う読書なので目が疲れません。

 

「紙の本」や「電子書籍」は、やはり目が疲れます。

 

目が疲れて文字が見にくいと「ネコ背」になるので首や肩がこりやすくなりますよね。

 

一方、オーディオブックの場合、スピーカーやイヤホンがあれば目を閉じたままラクな姿勢で本が楽しめます。

 

紙の本は地味に重く、かさばるのでポケットには収まりません。実際、文庫本よりスマホの方が軽いです。

 

 

 

 

以上、オーディオブックには意味がある、その【理由7つ】でした。
りはぶん

 

オーディオブックは“意味ありまくり”であることをイメージしていただけたのではないでしょうか。

 

続いては、「オーディオブックに意味がないと思われる理由」とその解決策をご紹介します。

 

 

オーディオブックには意味がないと思われる理由【6つ】→【解決策】あり

 

 

繰り返しになりますが、オーディオブックには“意味がありまくり”です。

 

でも、オーディオブックを利用していない人の頭の中に、

 

オーディオブックって意味ないんじゃないの?

 

という意見があるのも事実。

 

なので、この項目では「オーディオブックには意味がない」と思われる理由についても解説します。

 

 オーディオブックには意味がないと思われる理由【6つ】

・理由①:飛ばし読みできない
・理由②:メモを書き込めない
・理由③:コンテンツ数が少ない
・理由④:文字の方が理解しやすい
・理由⑤:紙の本よりも1冊の書籍代が高い
・理由⑥:聴き流すだけで満足してしまう(内容を理解していない)

 

さらに、オーディオブックには意味がないと思われる理由、に対する【解決策】もご提案します。

 

ぜひ【解決策】を読んだ後でオーディオブックの有用性を判断してみてください。
りはぶん

 

 

意味がない理由①:飛ばし読みできない → 【解決策】目次をチェックする

 

 

しつもん君
オーディオブックだと「飛ばし読み」ができないでしょ?

 

大丈夫です。「目次」を活用しましょう
りはぶん

 

あらかじめ、オーディオブックの「目次」に目を通しておきます。

 

で、自分の聴きたい「目次」をタップする。

 

自分の興味に合わせて「目次」をチェックしておけば、オーディオブックでも「飛ばし読み」ができます。

 

これは「紙の本」や「電子書籍」でも同じですね。

 

聴きながらちょっと退屈だな…と思えば、興味のある「目次」をタップしましょう。

 

 

意味がない3理由②:メモを書き込めない → 【解決策】ふせんとメモを使う

 

 

しつもん君
オーディオブックだとメモを書き込めないでしょ?

 

大丈夫です。ふせんとメモを使いましょう。
りはぶん

 

オーディオブックにも、ふせん機能はあります。

 

 ふせん機能を使う

・Audibleの場合:「ブックマーク」をタップ
・audiobook.jpの場合:「ふせん」をタップ

 

お気に入りのフレーズがあれば、その再生箇所をタップします。

 

そうすると、オーディオブックでも紙の本のように「ふせん」が貼れます。

 

お気に入りのフレーズを繰り返し聴きたい場合、「ふせん」を活用しましょう。

 

 メモを記入する

・Audibleの場合:「ブックマーク」の[…〕をタップしてメモを記入する
・audiobook.jpの場合:「ふせん」をタップした画面をスクショ → スマホのメモ帳にスクショを貼って、メモを記入する。

 

audiobook.jpには「ふせん」に紐付いたかたちでメモ機能はありませんが、スマホのメモ帳でもGoogleカレンダーでも、サクッと記録できればオッケーだと思います。

 

「ふせん」の部分と「メモ帳」の感想を振り返ることで、自分にとって必要なアイデアや知識がさらに定借します。

 

 

意味がない理由③:コンテンツ数が少ない → 【解決策】読書の目的をハッキリさせる

 

 

しつもん君
オーディオブックは作品の数か少ないよね?

 

大丈夫です。大事なのは読書量ではなく、読書の目的です。
りはぶん

 

オーディオブックのコンテンツ数は、紙や電子書籍にくらべると少ないです。でも、一生のうちに読める本の数は限られています。

 

たとえ世にあるすべての本が無料で読めても、すべてを読むのは不可能。

 

読書の目的をハッキリさせて、オーディオブックの作品を選びましょう。

 

つまり、コンテンツ数よりも「読書の目的」や「何を読まないか」を決めることが重要だと思います。

 

これもまた「紙の本」や「電子書籍」でも同じことが言えますね。

 

 

意味がない理由④:文字の方が理解しやすい本がある → 【解決策】本の特長を理解しておく

 

 

しつもん君
オーディオブックに不向きな本があるでしょ?

 

これは「不向き」というより「特長」を理解しておけばオッケーです。
りはぶん

 

オーディオブックの「聴く読書」は、読書テクノロジーとしてオールマイティなわけではありません。

 

図解やグラフ数値などのビジュアルデータを取りあっている本は、オーディオブックには不向きです。

 

これは、「意味がない」というより、絵本や図鑑などジュアルデータの特長ですよね。音楽が「読めない」のと同じようなもの。

 

そもそも、読書の目的は必要な知識を吸収すること。表現方法に合ったかたちでインプットをしましょう。

 

ちなみに、オーディオブック作品によっては、PDF資料が添付されているのでご活用ください。

 

 

意味がない理由⑤:「紙の本」より1冊あたりの書籍代が高い → オーディオブックの価値を考える

 

 

しつもん君
オーディオブックは「紙の本」より価格が高いでしょ?

 

大丈夫です。オーディオブックの価値をよく考えてみましょう。
りはぶん

 

 1冊あたりの価格

・紙の本と電子書籍の1冊あたりの価格相場:1,500〜2,000円
・オーディオブックの1冊あたりの価格相場:2,000〜4,000円

 

たしかに、上記の価格帯をみると、オーディオブックの方が「紙の本」や「電子書籍」よりも割高です。

 

でも、そもそも考えてみると、オーディオブックの価格が「紙の本」と同じである必要はありません。

 

なぜなら、オーディオブックには「ナレーション」という付加価値があるから。

 

「ナレーション」の読み上げ機能があるからこそ「ながら読書」というオーディオブックのメリットが享受できるわけです。

 

つまり、「紙の本」よりも1冊あたりの書籍代が高いという視点は「ながら読書」に対する価値観の問題ですね。

 

みなさんは、この「ナレーション(音声インプット)」にどれだけの価値を見出せますか?

 

ただし、キャンペーンなどでオーディオブックの方が「紙の本」「電子書籍」よりも安く購入できる場合もありますので要チェックです。

 

 

意味ない理由⑥:聴いただけで満足してしまう → 【解決策】アウトプットする

 

 

しつもん君
オーディオブックの場合、聴くだけだと本の内容は理解できないんじゃない?

 

大丈夫です。しっかりアウトプットしましょう。これは紙の本でも同じです。
りはぶん

 

読んだ本の内容は、アウトプットすることをおすすめします。

 

内容をブログにまとめたり、誰かに話すことで、知識が整理され理解も深まります。

 

ぶっちゃけ、聴いて満足できればそれで十分ですが…本の内容があまり理解できていないなら、ちょっと残念ですよね。これは、オーディオブックに限らず、紙の本でも同じ。

 

たとえば、ちょっとむずかしい本を読んだ場合。

 

紙の本だとページをめくる手が止まりますが(必要に応じて調べますが)、オーディオブックだと読み上げのペースは止まらないので、とりあえず読み切る(聴き切る)ことができます。

 

その結果、「聴いて満足」「分かったつもり」状態になることも。オーディオブックにはその傾向が強いです。

 

そのため、聴いた本の内容は文章に書いたり人に話したりすることで理解が深まります。

 

以上、オーディオブックには意味がないと思われる理由、に対する【解決策】をご紹介しました。
りはぶん

 

オーディオブックって意味あるかも…?

 

と思っていただければ幸いです。

 

続いては、私のオーディオブック体験談をご紹介します。

 

 

オーディオブックの効果を紹介【体験談と注意点】

 

 

 オーディオブックの効果【7つの体験談と注意点】

体験①:読書量と知識量がアップ
体験②:速聴で読書時間をショートカット
体験③:本の内容がスラスラ頭に入る
体験④:論理的な話し方が身に付く
体験⑤:本の内容が無意識的な行動につながる
体験⑥:かさばらないので持ち運びに便利
体験⑦:読書しても目が疲れない
注意点:オーディオブックNGのとき

 

この項目では、オーディオブックに意味がある【7つの理由】をもとに、私のオーディオブック体験談(効果的な利用方法)をご紹介します。

 

参考にしていただければ、と思います。

 

 

体験①読書量と知識量がアップ

 

 

私は、主に通勤中や一人で家事をするときに「ながら読書」でオーディオブックを聴いています。あと、散歩や買い物の待ち時間など。

 

通勤時間だけでも“2〜3日間に1冊”のペースでオーディオブックを無理なく聴けます。また、洗濯物を干すときや食器を洗うときなどの家事動作中にもサクッと情報収集できるようになりました。

 

「スキマ時間」にオーディオブックを聴くことで、その時間を良質な情報で満たすことができるようになりました。

 

下記の記事で、おすすめの本を紹介しています。

 

おすすめオーディオブック_アイキャッチ画像
【2022年】オーディオブックおすすめ本【ジャンル別52冊】

続きを見る

 

体験②:速聴で読書時間をショートカット

 

 

私の通勤時間は往復で約1時間半。

 

ふだん、私はオーディオブックを2〜3倍速で聴いています。そのため、だいたい3日間の通勤時間で1冊の本を無理なく読めます。

 

新書1冊なら3日間、単行本なら6日間かかるイメージ。このペースで1年間に50冊程度の本を聴くことができるようになりました。

 

もちろん、通勤電車で紙の本や電子書籍を読むこともできますが、オーディオブックの方が圧倒的に効率的。歩く時間さえもスムーズに読書できます。

 

 

体験③:本の内容がスラスラ頭に入る

 

 

オーディオブックで耳から入る情報は、くりかえし聴くことで記憶に残りやすくなります。文章の論理構造がまるまる頭に入ると、本の内容がそのまま話せるようになります。

 

この「論理構造がまるまる頭に入る」というオーディオブックを活用した記憶術は、メンタリストDaiGo氏が紹介されていました。

 

実際に私もそのやり方を実践してみたところ、想像以上に効果あり。

 

やり方は簡単。

 

オーディオブックでお気に入りのフレーズをブックマーク(ふせん)して、あとは繰り返す聴くだけ。倍速機能もつけると効果抜群。

 

個人的には古典作品や名著などの「熟読したい本」を「単品購入」して繰り返し聴くことをおすすめします。

 

オーディオブック活用術については、メンタリストDaiGo氏の紹介で知りました。下記記事内で、オーディオブック活用術についても解説しているので、ご興味のある方はご覧下さい。

 

合わせて読みたい
メンタリストDaiGo_Audibleアイキャッチ画像_オーディオブック21作品
【最新】メンタリストDaiGoのおすすめオーディオブックを紹介【Audible 21作品】

続きを見る

 

 

体験④:論理的な話し方が身に付く

 

 

オーディオブックでインプットした内容は、良質なアウトプットにつながります。

 

耳にした内容は、言葉にしたり、メモを取ったりすることで、初めて「自分のもの」になります。

 

オーディオブックの内容は書籍化された作品がベースになっているので、論理構造が明快。

 

私の場合、オーディオブックで「有益だな」と思ったものは、体験③でもお伝えしたようにブックマーク(ふせん)します。

 

で、そのブックマークした部分を、繰り返し聴き、シャドーイング(聴いたらすぐに復唱)することで、論理的な話し方が身に付きました。

 

さらに、その内容を自分なりの言葉で家族や友人に説明すると最強です。

 

 

体験⑤:本の内容が無意識的な行動につながる

 

 

私は、ふとした瞬間にオーディオブックで聴いた内容が頭によぎり、思いもよらない良いアイデアを思いつくことがあります。

 

日常的にオーディオブックを聴いていると無意識的に本の内容が頭に入っています。心理学的にいうところのプライミング効果ですね。

 

そのため、まったくちがうジャンルの知識が結びつく瞬間があります。

 

私の仕事は高齢者へのリハビリですが、マーケティングや金融知識が役立つ場面があります。

 

たとえば、マーケティングの名著「影響力の武器」が頭の中に入っていたことで、パワハラ職員のやり口が「承諾誘導のテクニックだ」と、手に取るように分かりました。おかげで、冷静に対応できました。

 

そのほか、「インデックスファンドでリスク分散する」など株式投資の知識が、現場の人員配置マネジメントに役立ったことも。業務内容を属人化するメリットとデメリットを分析し、適切な判断をとることができました。

 

オーディオブックを利用することで無意識下に知識がストックされ、ふとした瞬間、点(知識)と点(知識)が結びついてポンっと良いアイデアに化けることがあります。

 

体験⑥:かさばらないので持ち運びに便利

 

 

オーディオブック読書に必要なのは、スマホとイヤホンだけ。かなりの情報量をとても身軽に持ち運べます。

 

実際に、文庫本とスマホを比較してみました。

 

オーディオブック_メリット_軽い

※上写真:文庫本は『銃・病原菌・鉄(上)』、スマホはiPhone8(ケース込み)

 

上記のような文庫本の場合、スマホの方が軽いですね。

 

紙の本は地味に重たくかさばるのでポケットには収まりません

 

 

体験⑦:読書しても目が疲れない

 

 

オーディオブックは、本の内容を朗読してくれるのでラジオ感覚でサクサクと聴けます。

 

当然、目は疲れません。

 

もちろん、目をとじたままでも内容が理解できます。

 

電子書籍を使用することもありますが、ブルーライトを浴びるので長時間の読書は目は疲れます。

 

ふだん、私はメガネをかけているため、開放的&ありがたいですね。

 

 

注意点:オーディオブックNGのとき

 

 

ただし、すべての「スキマ時間」にオーディオブックを聴くのはNGかと。

 

 オーディオブックNGのとき

・心身ともにリラックスしたいとき
・大切な人と同じ体験を共有しているとき

 

上記のようなタイミングでは、オーディオブックを聴かないようにしています。

 

心身ともにリラックスしたいとき

 

リラックスの時間は、脳のDMN時間です。

 

脳のDMNとは、Default Mode Network(デフォルト・モード・ネットワーク)の略語。

 

ぼんやりした状態の脳が行なっている神経活動のことです。脳をリラックスさせた状態をつくることで、良いアイデアが思いつきます。

 

大切な人と同じ体験を共有しているとき

 

言うまでもないかもですが、家族などの大切な人と大切な時間を共有するときは、オーディオブックはストップ。

 

イヤホンをつけていると、リアルでのコミュニケーションの質は下がります。

 

インプット効率を高めても人間関係がこわれたら本末転倒。

 

逆に、オーディオブックを聴きたくなるような退屈な時間や人間関係なら、その関係性自体を見直した方が良いかと。

 

また、オーディオブックを大音量で「ながら聴き」してしまうと、注意がそれます。人や車にぶつかるなどの事故にもなりかねないので気をつけましょう。

 

 

オーディオブックを無料で聴く方法

 

 

というわけで、

 

オーディオブックには意味がある、ということ。

オーディオブックには意味がない、と思われる理由とその解決策。

 

が分かったところで、実際にオーディオブックを無料体験できるサービスをご紹介します。

 

結論からいうと、下記2択で間違いないです。

 

 オーディオブックサービス2社

 

各サービスをサクッとご紹介しますね。

 

 

Audible(オーディブル)とは

 

audible企業画像

 

 

Audibleとは、大手通販サイトAmazon(アマゾン)が運営するオーディオブックサービス。

 

アマゾン会員なら、アマゾンのアカウントを使ってAudibleの会員登録がスムーズにできます。

 

 

 Audible会員のサービス内容

 

 

月額料金 1,500円
無料体験 あり
作品の聴き方 ・聴き放題
・1冊ずつ単品購入
作品数 約1万8,000冊(日本語)。ポッドキャスト番組(聴き放題)
作品のジャンル 新刊、ベストセラーなど幅広いジャンル
解約後の利用 ・聴けない(聴き放題の作品)
・聴ける(購入した作品)

 

 

\30日間の無料体験/

Audibleで本をさがす

いつでも解約できます

 

Audible聴き放題プランで無料体験
りはぶん

 

 

audiobook.jp(オーディオブック・ドット・ジェイピー)

 

audiobook企業画像2

 

audiobook.jpとは、オトバンク株式会社のオーディオブックサービスです。

 

国内オーディオブックサービスの先駆者的な存在。もともと2007年にFeBeという名称でサービスを開始。2018年にaudiobook.jpに名称変更をしています。

 

老舗というだけでなく、もちろんサービス内容が充実しています。

 

コンテンツ数は、約2万7,000冊。日本語コンテンツとしては国内トップです。

 

audiobook.jpの会員サービスには【聴き放題プラン】と【月額会員プラン(買い切り)】の2プランがあります
りはぶん

 

 

 audiobook.jp【聴き放題プラン】

 

 

月額料金 880円
無料体験 あり
作品の聴き方 聴き放題
作品数 約1万冊(日本語)
作品のジャンル ビジネス書、自己啓発本が多め。ポッドキャスト番組。
解約後の利用 聴けない

 

 

\14日間の無料体験/

audiobook.jpで本をさがす

いつでも解約できます

 

audiobook.jp聴き放題プランで無料体験
りはぶん

 

 

 audiobook.jp【月額会員プラン】

 

月額料金 550円〜33,000円
無料体験 なし
作品の聴き方 1冊ずつ単品購入
作品数 約2万冊(日本語)
作品のジャンル 新刊、ベストセラーなどの幅広いジャンル。ポッドキャスト番組。
解約後の利用 聴ける

 

audiobook.jp月額会員プランには無料体験がありません
りはぶん

 

 

以上、大手のオーディオブックサービス2社の概要でした。

 

どちらもサービスにも無料体験があるので、少しでも興味のある方は、ぜひお試し下さい。

 

期間中なら解約手数料は0円なので、ノーリスク

 

もっとくわしくサービス内容を知りたい人は、オーディオブックサービス2社を徹底比較した記事もあるので、どうぞご覧ください。

 

合わせて読みたい
オーディオブック比較_アイキャッチ画像
【2022年比較】Audibleとaudiobook.jpおすすめはどっち?

続きを見る

 

 

まとめ

 

 

最後に、本記事のおさらいです。

 

 本記事の内容

  • オーディオブックには意味がある
  • オーディオブックには意味がある理由【7つ】
  • オーディオブックには意味がないと思われる理由【6つ】→解決策あり
  • オーディオブックの効果を紹介【体験談と注意点】
  • オーディオブックを無料で聴く方法
  • まとめ

 

この記事では、

 

しつもん君
オーディオブックには意味あるの?

 

という質問に対して、

 

オーディオブックには意味ありまくりですよ
りはぶん

 

と回答しています。

 

オーディオブック愛用歴3年の私が「意味ありまくりな理由」を体験談を交えてご紹介しましたので、少しは参考になったかと。

 

とはいえ、オーディオブックの「意味」や「効果」を実感していただくには、やはり実際にオーディオブックを試すことをおすすめします。

 

Audibleとaudiobook.jpってどんな作品があるの?

 

と気になる人は、下記記事も参考にして下さい。

 

合わせて読みたい
Audibleおすすめ小説_画像
【2022年】Audiblオーディブルのおすすめ小説20選

続きを見る

合わせて読みたい
Audible_おすすめビジネス書_画像
【2022年】Audiblオーディブルおすすめビジネス書10選

続きを見る

合わせて読みたい
audiobook.jp聴き放題プランラインナップ_アイキャッチ画像
audiobook.jp聴き放題プラン【99冊】を紹介

続きを見る

 

本記事があなたのオーディオブックライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
りはぶん

-オーディオブック
-