暗号資産

【ビットフライヤー(bitFlyer)】日本円の入金方法|イーサ(ETH)の購入方法|4ステップで解説【初心者向け】

アイキャッチ画像_ビットフライヤー_日本円入金_イーサを購入
しつもん君
暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤー(bitFlyer)で暗号資産のETH(イーサ)を購入したいです。 でも、どうやったら日本円を使って暗号資産のETH(イーサ)を購入できるの?日本円の 入金手順やETH(イーサ)の購入方法がわからないので教えてほしい…

 

 

上記のような質問に答えます。

 

 

こんにちは、りはぶん(@rehabungakuです。読書×NFTブロガー。ふだんは介護施設のリハビリ職員(10年以上)2児のパパ。趣味は読書で年間100冊程度。最近、ボクセルアートを勉強中。
りはぶん

 

 

 この記事の内容

  • ステップ1:ビットフライヤー(bitFlyer)に日本円を入金する
  • ステップ2:ビットフライヤー(bitFlyer)で暗号資産の購入方法を選ぶ
  • ステップ3:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する
  • ステップ4:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入した暗号資産を確認する

 

 

NFTを購入するための準備として、暗号資産(仮想通貨)取引所でETH(イーサ)を購入しておく必要があります。

 

この記事では、ビットフライヤーに日本円を入金するところから、実際にETH(イーサ)を購入するところまで、画像たっぷりで解説しています。

 

おおまかな手順は、

 

・日本円を入金する
・ETH(イーサ)を買う

 

2ステップだけ。

 

とはいえ、初めて暗号資産を購入する人にとっては、ハードル高いかと。私も最初はかなり悩みました。

 

でも、大丈夫です。

 

本記事をそのまま真似すれば、30分後にはイーサリアムの購入が完了します。もちろん、投資は「自己責任」ですが、ぶっちゃけ「習うより慣れろ」です。

 

しかも、日本円の入金からETH(イーサ)の購入まで、すべてスマホで完結できます。

 

ちなみに、スマホ操作だけだと通信環境が不安定で不安…という場合は、手順だけでも参考にして下さい。スマホとパソコンの表示画面は違いますが、手順は同じなので。

 

まだ、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座を開設していない人は、下記からどうぞ。

 

▶︎【無料】ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設

 

口座の開設方法をくわしく知りたい人は、下記記事を参考にして下さい。

 

この記事も読んでみる
アイキャッチ画像_ビットフライヤーからETH(イーサ)を送金する方法
【ビットフライヤー(bitFlyer)】口座を開設する方法【初心者OK】スマホ画像たっぷり解説

続きを見る

 

 

それではいってみましょう。

 

 

ステップ1:ビットフライヤー(bitFlyer)に日本円を入金する

 

 

上の図解は日本円を暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤー(bitFlyer)に入金するイメージです。

 

日本円の入金は、あなたのふだん使っている銀行コンビニからでオッケー。

 

ちなみに、ビットフライヤー(bitFlyer)に「手数料0円」で日本円を入金する方法は以下の3つ

 

ビットフライヤー指定の口座「三井住友銀行」から振込
ビットフライヤー指定の口座「住信SBIネット銀行」から振込
ふだん使っているネット銀行の振込手数料「無料枠」で振込

 

 

①と②は、同じ銀行同士なので、振込手数料は無料です。

 

なので「三井住友銀行」or「住信SBIネット銀行」の口座を持っている人は、そこから日本円を入金するのがおすすめ。

 

③のネット銀行だと「月○○回までは他行への振り込み無料」みたいな「無料枠」を使って入金するイメージです。

 

本記事では、あおぞらGMOネット銀行「無料枠」で日本円の入金を行います。

 

ちなみに、コンビニ入金もありますが、手数料が高めなのでおすすめしません…。というのも、今回ご紹介する銀行振込のやり方をマスターしてしまえば大丈夫なので。

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、サクサクいきましょう。

 

 

まずは、スマホでビットフライヤー(bitFlyer)のアプリを開いて、『入出金』のタブをタップします。

 

 

ビットフライヤー(bitFlyer)指定の振込み口座は下記2つ。

 

・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行

 

注意:住信SBIネット銀行に振り込む場合は、「振込依頼人名」は「5桁の数字+お名前」とする必要があります。

 

 

 三井住友銀行

 

 

 住信SBIネット銀行

注意:住信SBIネット銀行に振り込む場合は、「振込依頼人名」は「5桁の数字+お名前」とする必要があります。

 

 

「三井住友銀行」か「住信SBIネット銀行」のどちらかの口座を選択します。
りはぶん

 

 

この記事では「あおぞらGMOネット銀行」から日本円を「三井住友銀行」に入金します。

 

この記事では「あおぞらGMOネット銀行」のスマホアプリを利用しています。でも、楽天銀行や三菱UFJ銀行などでも同様の手続きをふめばオッケーです。

 

 

「GMOあおぞらネット銀行」のアプリを起動。ログイン名とパスワードを入力して『ログイン』をタップ。

 

 

『振込・振替』をタップ。

 

 

『三井住友銀行』を選択。

 

 

『三井住友銀行』の支店名を入力。

 

 

上記のような画面がひらきます。振込の口座番号を入力します。口座番号はビットフライヤー(bitFlyer)のアプリからコピペするのがおすすめ。

 

 

振込先の口座番号は、ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリにいったん戻って確認。口座番号の項目(赤枠の部分)をタップしてコピーします。

 

コピーした口座番号は、ふだん使っている銀行のアプリ(この記事の場合は、あおぞらGMOネット銀行)に貼り付けましょう。

 

コピペ&目視チェックで入力ミスを防ぎましょう。
りはぶん

 

 

振込金額を入力します。

 

 

「科目選択」「口座番号」「受取人名」「振込金額」…

 

と、入力した「振込・振替内容」をチェック出来たら『確認』ボタンをタップ。

 

 

入力内容をすべて確認…

 

 

「取引パスワード」を入力。

 

「取引パスワード」は、GMOあおぞらネット銀行の場合。ほかの銀行でも、暗証番号など取引認証を最終的にチェックする項目があります。

 

 

『取引認証』をタップ。

 

 

最後にトークンの入力。

 

 

「トークン」は登録したメールアドレスに送られてきます。

 

 

コピーします。

 

 

銀行のアプリをひらいて、トークン番号を貼り付けて『実行』ボタンをタップ。

 

『取引認証』のボタンをタップすれば、入金手続きは完了です。

 

 

振込・振替の受付が完了。

 

なお、今回送付したビットフライヤー(bitFlyer)の振込先は『登録』しておきましょう。今後、同じように日本円をビットフライヤーに入金するとき、わざわざ入力しなくても良いので便利です。

 

 

振込先の口座も登録できました。

 

 

振込状況のチェック。

 

 

登録したメールアドレスにも振込手続完了(日本円の入金)のお知らせが届きます。

 

 

上記のようなメールが届けば、ビットフライヤー(bitFlyer)への入金は成功。

 

 

最後に、入金の確認。ビットフライヤー(bitFlyer)のアプリを起動して、上記のように入金金額が反映されているかも確認しておきましょう。

 

ちなみに、今回は00時00分に振込をして、0時09分にビットフライヤー(bitFlyer)に着金したので、所要時間は10分ほど。

 

 

振込手数料0円、所要時間10分
りはぶん

 

 

以上、ビットフライヤー(bitFlyer)への日本円の入金は完了です。

 

 

ステップ2:ビットフライヤー(bitFlyer)で暗号資産のETH(イーサ)の購入方法を選ぶ

 

ビットフライヤー(bitFlyer)に日本円の入金が完了したら、いよいよイーサ(ETH)を購入します。

 

 

NFTを購入するためには必須の暗号資産ですからね。
りはぶん

 

 

で、暗号資産(仮想通貨)取引所でイーサ(ETH)を購入できる場所は「販売所」と「取引所」(Lightning)の2パターン。

 

結論から言うと「取引所」で購入しましょう。

 

理由はシンプルで「販売所」の方が手数料が高いから。

 

いや、いきなり「販売所」とか「取引所」とか言われても意味不明なんですけど…

 

という方のために、「販売所」と「取引所」の違いを画像を使ってわかりやすく説明します。

 

 

 暗号資産取引所の【販売所】手数料高い

 

・メリット:販売員が仲介するので、注文方法がわかりやすい。
・デメリット:販売員が仲介するので、手数料が高くなる。

 

 

 暗号資産取引所の【取引所】手数料安い

 

・メリット:販売員が仲介しないので、注文方法がむずかしい。
・デメリット:販売員が仲介しないので、手数料が安くなる。

 

 

実際、どれくらい手数料が違うか比べてみましょう。

 

 

「いや、結論が分かったから別にいいよ」という人は読み飛ばしてオッケーです
りはぶん

 

 

・販売所:162,281円分支払うと、0.96ETHと交換できる
・取引所:162,281円分支払うと、1ETHと交換できる

※ETH/JPYのレート:1ETH/162,281円(2022年7月10時点)

 

 

同じ日本円でも「取引所」の方が「販売所」よりも、ETHが約4%多くゲットできる(0.96ETH/1ETH)、というわけです。

 

つまり、1ETHが162,000円程度の上記のレートでザックリ考えると「取引所」の方が「販売所」よりも6500円分くらいお得(販売員に支払う手数料に6500円かかる)。少額なら気にするほどではないですが、チリもつもれば山となります。手数料を抑えるために取引所を使うのがおすすめです。

 

というわけで、この記事では「取引所」での購入方法で解説をしていきます。

 

「取引所」での注文方法がむずかしいと書きましたが、ぶっちゃけ、一度慣れてしまえば何の問題もありません。

 

 

まずは、ビットフライヤーのアプリを起動。

 

 

「販売所」「取引所」「Lightning」と3つのタブが並んでいます。

 

 

「Lightning」をタップします。

 

「Lightning」…???

 

あせらないで下さい。

 

「Lightning」=「取引所」の理解で大丈夫です。

 

ちょっと説明すると「Lightning」だと細かい設定で暗号資産を購入できますよ、と。ちなみに、ビットフライヤー(bitFlyer)では「取引所」のタブ内では、ETHが購入できません。「Lightning」でETH(イーサ)を購入しましょう。

 

初心者の人は「あ、そうなんだ」くらいの理解でオッケー。本記事をみながら、実際に手をうごかしていきましょう。
りはぶん

 

 

ステップ3:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する

 

今回は、もちろん『ETH』をタップ。

 

ビットコインなどその他の暗号資産を購入するときも手順は同じです。
りはぶん

 

 

そうすると、上記のような画面になるので、画面下部の赤枠部分をタップします。

 

 

いきなり、フクザツな数字やチャートが画面が飛び込んできてビックリするかもですが、やることは単純なのであせらず。
りはぶん

 

 

まずは注文方法を選択します。

 

注文方法は「指値」「成行」を選択できますが、ここでは簡単な「成行」で注文していきます。

 

 補足情報:かんたんに用語を解説

・指値(さしね)…注文者が希望価格(希望価格以下)を指定する
・成行(なりゆき)…注文者がそのときの相場価格に任せる

 

『指値』は、注文者の指定価格で暗号資産が買えるので安心感があります。しかし、「操作方法」や「迷う時間」をふまえると、中・上級者向けでややむずかしい方法になります。初心者のうちは、ひとまず「成行」で注文。慣れてきたら「指値」でいいと思います。

 

 

まずは「成行」のタブを選ぶ。

 

続いて「数量」を入力。購入したいイーサリアムの数量ですね。上記の場合は、0.45ETHを注文するということになります。

 

数量を入力できたら「買い」ボタンをタップ。

 

 

確認画面が表示されるので、内容を確認して問題なければ「買い注文を確定する」をタップします。

 

 

「発注しました」と表示されれば注文完了です。

 

 

画面右上の「閉じる」をタップ。

 

 

ステップ4:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入した暗号資産を確認する

 

ちゃんと注文できているかは、赤枠の「取引履歴」をタップ。

 

 

そうすると、上記のような画面になります。履歴に「取引済」と表示されていれば、イーサリアムの購入は完了です。

 

 

おつかれさまです。これでNFTに必須の暗号資産ETH(イーサ)を購入することができました。
りはぶん

 

 

最後に内容をおさらいしましょう。

 

 

 この記事の内容は、

  • ステップ1:ビットフライヤー(bitFlyer)に日本円を入金する
  • ステップ2:ビットフライヤー(bitFlyer)で暗号資産の購入方法を選ぶ
  • ステップ3:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する
  • ステップ4:ビットフライヤー(bitFlyer)で購入した暗号資産を確認する

 

でしたね。

 

 

ポイントとしては、

  • ステップ1:日本円を入金する場合は、振込手数料が0円になるようにしましょう。
  • ステップ2:暗号資産は「取引所」で購入する。「販売所」は手数料が割高だから。
  • ステップ3:ETH(イーサ)を選択して、「成行」で価格と数量を決定する。
  • ステップ4:取引履歴で一目瞭然です。

 

以上、この記事では、NFTを購入するための準備として暗号資産(仮想通貨)取引所のビットフライヤ(bitFlyer)に日本円入金して、イーサリアム(ETH)を購入する方法を解説しました。

 

いかかでしたか。

 

最初はむずかしいかもですが、注文回数を重ねるとイヤでも慣れます。ほしいNFTが出てくるたびに(笑)。

 

まずは、本記事をそのまま見ながら操作をすればオッケーです。

 

まだ、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設をしていない人は、下記からどうぞ。

 

▶︎【無料】ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設

 

口座の開設方法をくわしく知りたい人は、下記記事を参考にして下さい。

 

この記事も読んでみる
アイキャッチ画像_ビットフライヤーからETH(イーサ)を送金する方法
【ビットフライヤー(bitFlyer)】口座を開設する方法【初心者OK】スマホ画像たっぷり解説

続きを見る

 

以上、暗号資産取引所のビットフライヤー(bitFlyer)で、日本円を入金して、イーサ(ETH)を購入する方法を解説しました。

 

最後までブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。
りはぶん

-暗号資産
-, ,