オーディオブック

【脳科学】オーディオブック5つの効果を解説【読書効率アップ】

オーディオブックの効果_アイキャッチ画像
しつもん君
オーディオブックってどんな効果があるの?「聴く読書」って実際どうなの?

 

上記のような質問に答えます。

 

どうも、リハビリ文学です。
りはぶん

 

「読書とテクノロジーで人生を豊かに」をテーマにブログを書いています。

 

ふだんは介護施設で働くアラフォーのリハビリ職員。読書量は年間150冊程度。2019年よりオーディオブックを使いはじめ読書量が2倍以上にアップアラフォーながらも、新しい情報に興味がありまして、最近はNFTの勉強にハマってます。

 

オーディオブックを1年間で50冊を聴く私が解説します。

 

オーディオブック未経験読書効果に疑問や不安がある人にとって、本記事は参考になるかと。

 

 本記事の内容

  • オーディオブックとは【基礎知識】
  • オーディオブックで読書効率アップ【5つの効果】
  • 【1年間で50冊】オーディオブックの効果に関する個人的な感想
  • オーディオブックを無料で聴く方法
  • まとめ

 

この記事を読むことで、オーディオブックの基本知識とその効果が分かります。また、1年間でオーディオブック50冊を聴いた私の個人的な感想もお伝えします。

 

結論から言うと…

 

オーディオブックで読書効率が2倍以上にアップします。

 

これ、マジです。

 

本記事を読んだあとは、ぜひ、無料体験サービスオーディオブックの効果を実感して下さい。

 

万一、「合わないな…」と感じたらサクッと解約できるのでご安心を。

 

この記事を書いている時点で、国内のおすすめオーディオブックサービスは下記2択です。

 

 おすすめのオーディオブックサービス2社

▶︎Audible(オーディブル)

・Amazonが運営するオーディオブックサービス

▶︎audiobook.jp(オーディオブック・ドット・ジェイピー)

・オトバンク株式会社が運営するオーディオブックサービス

 

どちらも無料体験サービスがあるので、ぜひお試し下さい。

 

audible企業画像

 

\30日間の無料体験/

Audibleで本を聴く

いつでも解約できます

 

 

\まずは30日間無料で試してみる/

 

 

今なら、Audibleの聴き放題プランが無料体験できます。対象作品は12万冊以上

 

1冊でも気になる本があれば、Audibleの30日間の無料体験を試してみましょう。「本を聴く」感覚がバッチリ分かります。無料期間中でも解約できます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入し、繰り返しお楽しみ下さい。

 

\30日間無料/

Audibleで本を聴く

 

 

ちなみに…
りはぶん

 

 

\今なら、60日間無料キャンペーン/

【申込期限】2022年10月12日(水)まで

 

 

なんと、2022年10月12日までに会員登録するとAudibleの聴き放題プランが60日間限定で無料体験できます。サービス内容はいつもと同じで、対象作品も12万冊以上

 

2カ月間利用すると、通常3,000円かかりますが、キャンペーン期間中に登録すると2カ月間0円で楽しめます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入して繰り返しお楽しみ下さい。

 

\60日間無料/

Audibleで本を聴く

 

オーディオブックの効果を試してみましょう
りはぶん

 

 

audiobook企業画像2

 

\14日間の無料体験/

audiobook.jpで本を聴く

いつでも解約できます

 

ちなみに、Audibleaudiobook.jp各サービスの違いを知りたい方は、下記の記事もごらんください。

 

内部リンク記事
オーディオブック比較_アイキャッチ画像
【2022年比較】Audibleとaudiobook.jpおすすめはどっち?

 

それでは、オーディオブックとその効果を解説していきます。

 

 

オーディオブックとは【基礎知識】

 

オーディオブックとは_画像

 

オーディオブックの効果を解説する前に、オーディオブックの基礎知識をサクッとおさえておきましょう。

 

基礎知識をチェックした方が、より理解できるので。

 

 オーディオブックとは…

聴く読書。ナレーターが本の内容を朗読するサービスです。

 

読書好きはもちろん、本を読むのが苦手な人でもオーディオブックなら大丈夫。プロのナレーターが本を読み上げてくれるので、ラジオを聴くような感覚でサクサクと読書が楽しめます。もちろん、本の内容は音声でもしっかりと理解できます。

 

私は、主に通勤中の電車内、家事をしながらオーディオブックを聴いています。

 

いわゆる、ながら読書。

 

話題のビジネス書から古典文学まで、つり革広告や車窓の景色を眺めつつ本の世界にひたってます。おかげで、通勤中にあたらしいアイデアがひらめいたり、自分の思わぬ感情に気付いたりします。うっかり物語の世界に聴き入ってしまおうものなら、車内で涙腺が崩壊しそうになることさえも。

 

良い本は聴いても感動します。

 

オーディオブックはスキマ時間に「ながら読書」ができるので、読書効率がケタちがいにアップします。通勤や家事などのスキマ時間が、すべて読書時間に変わります。

 

仕事や子育て、毎日忙しい人でもオーディオブックを使いこなせば、想像以上にたくさんの本が読めます。

 

音声テクノロジーが産んだ、新しい読書スタイルです。

 

これ、私の個人的な意見ではなく実際にオーディオブックのユーザー数は年々右肩上がりにふえています。
りはぶん

 

 

オーディオブック市場は右肩上がり

 

オーディオブック市場規模・予測

引用:株式会社日本能率協会総合研究所 MDB Digital Search(2020年1月)

 

上記調査によると、今後もオーディオブックの市場規模は拡大する見通し。2021年度は約14億、2024年度は約250億の成長予測…と相当な成長市場です。

 

もはや、本は聴く時代

 

で、これだけ多くの人が利用するのにはワケがあります

 

 その理由は…

オーディオブックで読書効率がケタ違いアップするから。

 

これに尽きます。

 

ここからは、体験談も交えつつオーディオブック5つの効果をご紹介します。

 

読書効率をアップさせ、より豊かな人生を。

 

 

オーディオブックで読書効率アップ【5つの効果】

 

オーディオブック_5つの効果

 

というわけで、読書効率がアップするオーディオブックの効果を解説します。

 

結論、5つの効果は下記の通り。

 

 5つの効果

  • 効果①:読書量と知識量がアップする【ながら読書】
  • 効果②:速聴で脳が活性化される【倍速再生】
  • 効果③:本の内容がスラスラ頭に入る【記憶の定着】
  • 効果④:論理的な話し方が身に付く【アウトプット】
  • 効果⑤:本の内容を実践しやすい【無意識の行動】

 

オーディオブック初心者の参考になれば、と思います。

 

それでは、順番にみていきましょう。

 

 

効果①:読書量と知識量がアップする【ながら読書】

 

オーディオブック効果画像_ながら読書

 

効果その①、【ながら読書】。

 

仕事や子育てなどの忙しい人も、意外と耳と手は空いています。

 

「スキマ時間」を有効活用しましょう。

 

 スキマ時間の例

・通勤時間(電車やバス)
・仕事の昼休み
・家事の時間(掃除・料理・洗濯)
・運動や散歩中
・買い物中
・ちょっとした待ち時間
・寝る前の時間

 

オーディオブックがあれば、上記のような「スキマ時間」に「ながら読書」ができます。

 

私自身、主に「通勤時間」や「家事の時間」などにオーディオブックを聴いています。

 

「スキマ時間」でも、1日を通すと1〜2時間くらいありますよ。
りはぶん

 

 

効果②:速聴で脳が活性化される【倍速再生】

 

オーディオブック効果画像_倍速再生

 

効果その②、【倍速再生】

 

オーディオブックは、読み上げ速度を調整できます。

 

 再生速度の調整

・Audible:0.5〜3.5倍速
・audiobook.jp:0.5〜4倍速

 

倍速再生で、圧倒的に読書時間が短縮可能。

 

ふだん、私はオーディオブックを2.5倍速で聴いています。なので、1冊読むのに約5時間かかるオーディオブックでも、2.5倍速なら約2時間で聴き終えることができます。

 

ちなみに、私の通勤時間は往復で約1時間半。

 

となると、通勤時間だけで“2日間に1冊”のペースでオーディオブックが聴けます。もちろん、通常再生で聴いても1週間に1冊は無理なく完読できますよ。

 

個人差もありますが2倍程度なら内容は十分に理解できます。

 

ちなみに、メンタリストDaiGo氏もオーディオブックの倍速再生の効果について紹介しています。本サイトでも紹介していますので、興味のある方は、下記の記事もどうぞ。
りはぶん

 

合わせて読みたい
メンタリストDaiGo_Audibleアイキャッチ画像_オーディオブック21作品
メンタリストDaiGoのおすすめオーディオブックを紹介【Audible 21作品】

続きを見る

 

 

効果③:本の内容がスラスラ頭に入る【記憶の定着】

 

オーディオブック効果画像_記憶定着

 

効果その③、【記憶の定着】

 

しつもん君
音声だけでもちゃんと内容は理解できるの?

 

質問者のように、オーディオブックの内容理解度に疑問や不安をもつ人もいるでしょう。皮肉にも「紙の本」に愛着のある人ほど。実際、私も最初は同じような気持ちでした。

 

オーディオブック利用者が増えているとはいえ「聴く」という読書スタイルは日本ではまだまだ少数派。オーディオブックを知らない人にはちょっと抵抗あるかもです。

 

でも、大丈夫です。

 

オーディオブックの理解度について、下記の研究報告があります。

 

電子書籍の文章を2つのグループに分けて、本の内容理解度を検証。

 

 2つのグループ分け

①読み取りグループ(視覚を使って本の内容を理解)
②聴き取りグループ(聴覚を使って本の内容を理解)

 

測定結果によると、各グループの内容理解度と脳血流量に統計的な有意差はありませんでした。

参考:『電子書籍の読取りおよび聴き取りをした場合の脳活性化と内容理解度』映像情報メディア学会

 

つまり、「紙の本」でも「オーディオブック」でも内容を理解するのに大差は無いよ、ということ。

 

ぶっちゃけ、どれくらい内容を理解できるかは個人的な感覚も大きいので、ぜひオーディオブックを試してください。
りはぶん

 

 

効果④:論理的な話し方が身に付く【アウトプット】

 

オーディオブック効果画像_アウトプット

 

効果その④、【アウトプット】。

 

オーディオブックを聴くと論理的な話し方が身に付きます。

 

なぜなら、論理的な文章を聴くことで論理構造が丸ごと頭の中に入るから。おすすめは、お気に入りのページやセンテンスをブックマークに入れて繰り返し聴くことです。さらに、その内容を自分で話してみること(アウトプット)で、論理的な話し方が身に付きます。

 

「あ、この話の内容いいな」と思ったら、下記の3ステップ

 

 アウトプットまでの3ステップ

・ステップ1:ブックマークにお気に入り部分を保存する
・ステップ2:ブックマークの内容を繰り返し聴く
・ステップ3:ブックマークの内容をシャドーイングする

※シャドーイングとは、音声を聞いた後すぐに復唱するテクニック。

 

「ながら読書」を倍速で聴きつつ「お、これは!」と思った内容を繰り返し聴いて、独り言のようにつぶやいてみる。

 

この一連の作業、スマホ1台で完結します。

 

私はシャドーイングの要点をスマホにメモして、ブログネタのストックに役立てています。
りはぶん

 

 

効果⑤:本の内容を実践しやすい【無意識の行動】

 

オーディオブック効果画像_無意識

 

効果その⑤、【無意識の行動】。

 

オーディオブックを聴くことで、無意識的に本の内容と同じような行動を取れるようになります。

 

このような行動を心理学的に「プライミング効果」といいます。プライミング効果とは、事前に見聞きしたことがその後の判断や行動に影響を与えること。

 

たとえば、自己啓発の名著「7つの習慣」をBGM的に聴くと、無意識的に本の内容が頭に入ります。そして、この無意識下の情報が行動に反映されます。

 

もちろん、紙の本を読むことでも同じような効果が期待できますが、オーディオブック(リスニング)の方が手っ取り早いです。

 

ちょっとコワイ面もありますが、本の内容が実践したいものであれば、使わない手はないですよね。

 

ふとした瞬間、好きな音楽のメロディが頭の中に流れてくるような感じです。
りはぶん

 

 

【1年間で50冊】オーディオブックの効果に関する個人的な感想

 

オーディオブック50冊聞いた感想画像

 

オーディオブックの効果についての個人的感想。

 

結論から言うと…

 

もっと早くからオーディオブックを聴いておけば損しなかったのに…!

 

です。

 

オーディオブックによって読書効率がケタ違いにアップしました。子育てをしながらでも無理なく読書時間がとれるようになりました。

 

私は2019年からオーディオブックを利用していますが、それよりも前に聴いておけば、今以上に仕事やプライベートで成果をあげられていたのでは…と。

 

とはいえ、始めたときが始めどき。

 

実際にオーディオブックを習慣化したことで、今まで以上に本が好きになり勉強が楽しくなりました。下記記事では、1年間で50冊程度聴いた私のおすすめのオーディオブック作品を紹介しています。

 

合わせて読みたい
おすすめオーディオブック_アイキャッチ画像
【2022年】おすすめのオーディオブック作品52冊を紹介

続きを見る

 

 

これより先は、オーディオブックの各効果について、私の個人的な感想をお伝えします。

 

 

オーディオブックを使ってみた個人的な感想【5つの効果をふまえて】

 

繰り返しになりますがオーディオブックを利用することで読書効率がアップします。

 

そんな「読書効率アップ」には、主に5つの効果が関係しています。

 

 オーディオブック5つの効果

・効果①【ながら読書】
・効果②【倍速再生】
・効果③【記憶が定着】
・効果④【アウトプット】
・効果⑤【無意識の行動】

 

私の場合はどうだったか、と。読み飛ばしていただいても大丈夫です。

 

ひとつずつみていきましょう。

 

 

【感想①】「ながら読書」について

 

オーディオブック効果感想画像_ながら読書

 

私は、主に通勤中や一人で家事をするときに「ながら読書」でオーディオブックを聴いています。あと、散歩や買い物の待ち時間など。

 

「スキマ時間」にオーディオブックを聴くことで、その時間を良質な情報で満たすことができるようになりました。

 

ただし、すべての「スキマ時間」にオーディオブックを聴くのはNGかと。リラックスするための時間、誰かと一緒にいる時間は、オーディオブックを聴かないようにしています。

 

リラックスの時間は、脳のDMN時間です。

 

脳のDMNとは、Default Mode Network(デフォルト・モード・ネットワーク)の略語。ぼんやりした状態の脳が行なっている神経活動のことです。脳をリラックスさせた状態をつくることで、良いアイデアが思いつきます。

 

誰かと一緒にいる時間はオーディオブックはストップ。

 

家族もふくめ、仕事以外では「一緒にいたい人」「会話したい人」としか会わないです。イヤホンをつけていると、印象が良くないですし、コミュニケーションの質も下がります。インプット効率を高めても人間関係がこわれたら本末転倒。

 

「ながら読書」と「脳のDMN」で相乗効果
りはぶん

 

 

【感想②】「倍速再生・速聴」について

 

効果倍速再生_画像

 

ふだん、私はオーディオブックを2〜3倍速で聴いています。そのため、だいたい3日間の通勤時間で1冊の本を無理なく読めるようになりました。

 

新書1冊なら3日間単行本なら6日間かかるイメージ。このペースで1年間に50冊程度の本を聴くことができるようになりました。

 

もちろん、通勤電車で紙の本や電子書籍を読むこともできますが、オーディオブックの方が圧倒的に効率的。歩く時間もスムーズに読書できます。

 

スマホ画面を見ながらの「歩きスマホ」は危ないです。
りはぶん

 

 

【感想③】「記憶の定着」について

 

効果記憶の定着_画像

 

オーディオブックは本の内容を読み上げてくれるので自然と内容が頭に入ります。

 

「耳に残る」とはよく言ったもの。

 

これは脳科学的にも説明できます。記憶をつかさどる「海馬」聴覚をつかさどる「側頭葉」は、解剖学的にとても近い位置関係にあります。記憶と聴覚をつなぐ神経細胞は密接に関係していることが分かります。

 

ブックマークでお気に入りの部分を繰り返し聴いていると、通勤時間に目にした車内の風景や散歩中の景色など、そのフレーズを耳にしたときの映像が想起されるほどです。

 

なつかしい音楽を耳にすると、その音楽を聴いていた時代や場面がイメージされるあの感じですね。
りはぶん

 

 

【感想④】「アウトプット」について

 

効果アウトプット_画像

 

オーディオブックでインプットした内容は、良質なアウトプットにつながります。

 

耳にした内容は、言葉にしたり、メモを取ったりすることで、初めて「自分のもの」になります。

 

私の場合、オーディオブックで「有益だな」と思ったものは、スマホにメモしています。そのメモをネタにブログ記事を書くことがあります。もちろん、ブログ以外の仕事やプライベートのアイデアになることも。

 

アウトプット前提でオーディオブックを聴くとさらに良いですね
りはぶん

 

 

【感想⑤】「無意識の行動」について

 

効果無意識_画像

 

ふとした瞬間、オーディオブックで聴いた内容が頭によぎり、思いもよらないアイデアを思いつくことがあります。

 

日常的にオーディオブックを聴いていると無意識的に本の内容が頭に入っています。心理学的にいうところのプライミング効果ですね。

 

そのため、まったくちがうジャンルの知識が結びつく瞬間があります。私の仕事は高齢者へのリハビリですが、マーケティングや金融知識が役立つ場面があります。

 

たとえば、マーケティングの名著「影響力の武器」が頭の中に入っていたことで、パワハラ職員のやり口が「承諾誘導のテクニックだ」と、手に取るように分かりました。おかげで、冷静に対応できました。

 

そのほか、「インデックスファンドでリスク分散する」など株式投資の知識が、現場の人員配置マネジメントに役立ったことも。業務内容を属人化するメリットとデメリットを分析し、適切な判断をとることができました。

 

オーディオブックを利用することで無意識化に知識がストックされ、ある瞬間において、点(知識)と点(知識)が結びついてポンっと良いアイデアに化けることがあります。

 

本の内容がただの知識ではなく実践的な知識として役立ちます。

 

知識は思わぬところでつながるから、おもしろい。
りはぶん

 

 

まとめ

 

 

それでは、記事の内容をふりかえりましょう。

 

 本記事の内容

  • オーディオブックとは【基礎知識】
  • オーディオブックで読書効率アップ【5つの効果】
  • 【1年間で50冊】オーディオブックの効果に関する個人的な感想

 

 

オーディオブックとは、本の内容を朗読するサービスとにかく、読書効率がアップします。

 

で、主なオーディオブック会社はAudibleとaudiobook.jpの2択。現時点でオーディオブックを試すなら、この2社どちらかで間違いないです。

 

読書効率をアップさせるオーディオブックには、主に5つの効果。

 

 

 5つの効果

【効果①】「ながら読書」…読書量と知識量がアップする
【効果②】「倍速再生・速聴」…速聴で脳が活性化される
【効果③】「記憶の定着」…本の内容がスラスラ頭に入る
【効果④】「アウトプット」…論理的な話し方が身に付く
【効果⑤】「無意識の行動」…本の内容を実践しやすい

 

このような効果を体験したうえで、個人的な感想もご紹介しました。

 

【感想①】「ながら読書」について
私は、主に通勤中や一人で家事をするときに「ながら読書」でオーディオブックを聴いています。あと、散歩や買い物の待ち時間など。

 

【感想②】「倍速再生・速聴」について
ふだん、私はオーディオブックを2〜3倍速で聴いています。そのため、だいたい3日間の通勤時間で1冊の本を無理なく読めるようになりました。

 

【感想③】「記憶の定着」について
オーディオブックは本の内容を読み上げてくれるので自然と内容が頭に入ります。脳科学的にも聴覚インプットは記憶に定着しやすいです。

 

【感想④】「アウトプット」について
オーディオブックでインプットした内容は、良質なアウトプットにつながります。耳にした内容は、言葉にしたり、メモを取ったりすることで、初めて「自分のもの」になります。

 

【感想⑤】「無意識の行動」について
オーディオブックで聴いた内容は無意識的な記憶に残り、ふとした瞬間に聴いた内容が頭によぎり、思いもよらないアイデアを思いつくことがあります。

 

このように、オーディオブックの読書効率アップは体験的にも理解できました。

 

本当に、もっと早くオーディオブックを始めておけばよかったです…!
りはぶん

 

Audibleとaudiobook.jpには無料体験サービスがあります。ぜひ、この機会にオーディオブックの効果を体感して下さい。

 

どちらも無料体験サービスがあるので、ぜひお試し下さい。

 

 

audible企業画像

 

\30日間の無料体験/

Audibleで本を聴く

いつでも解約できます

 

 

audiobook.jp画像_企業ロゴ

 

\14日間の無料体験/

audiobook.jpで本を聴く

いつでも解約できます

 

 

以上、オーディオブックの効果についての解説でした。オーディオブックを利用するときの参考にしていただければ幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
りはぶん

 

-オーディオブック
-