NFT

【OpenSea】NFT作品|ETH版|の買い方を4ステップで解説【初心者向け】

アイキャッチ画像_NFTの買い方_オープンシー
しつもん君
最近話題のNFTを買いたいんだけど、何からすれば良いのか分からない…。初心者にもわかるように教えてほしいです。

 

上記のような質問に答えます。

 

こんにちは、りはぶん(@rehabungakuです。読書×NFTブロガー。ふだんは介護施設のリハビリ職員(10年以上)、2児のパパ。趣味は読書で年間100冊程度。最近、ボクセルアートを勉強中。
りはぶん

 

この記事では、初心者向けにNFT作品を購入する方法を画像たっぷりでわかりやすく解説しています。

 

NFT作品を買うためにあh、ネット上のNFT専門店(マーケットプレイス)に行く必要があります。今回はOpenSea(オープンシー)というNFTのフリマで、イーサリアム版(ETH)のNFT作品を購入する方法をご紹介。

 

ちなみにOpenSea(オープンシー)は世界最大規模のマーケットプレイス。いわばNFTのメルカリのようなもの。まずはOpensea(オープンシー)から始めてまちがいないです。

 

 

 この記事の内容

  • ステップ1:OpenSeaで買いたいNFT作品の画面を開く
  • ステップ2:NFT作品の情報を確認する
  • ステップ3:手数料(ガス代)を払ってNFT作品を購入する
  • ステップ4:NFT作品が購入できたか確認する

 

この記事を読むことで、OpenSeaで売られているNFT作品を購入する方法が分かります。超初心者向けに画像&くどめの説明(笑)をしていますのでぜひ参考にして下さい。この記事では、イーサリアムのネットワークで販売されているNFTの購入方法を解説。なんだかんだ言って、人気のあるNFT作品はイーサリアムネットワークに出品されていますよ。

 

本題に入る前にNFT作品を買う前の大前提を確認しておきましょう。

 

OpenseaでNFT作品を買う方法だけを早く知りたい!という人は、大前提の説明は読み飛ばしてステップ1へどうぞ
りはぶん

 

 

というわけで、ひとまずNFT作品を購入する大前提として、

 

・MetaMaskのウォレット
・OpenSeaのアカウント
・暗号資産のETH(イーサ)

 

が必要です。

 

しつもん君
すみません、そもそも言葉の意味がよくわかりません…

 

大丈夫、初心者向けに翻訳しますね
りはぶん

 

 

NFT作品を購入する大前提として、

 

・MetaMaskのウォレット…MetaMask[というブランド名]のウォレット[暗号資産やNFTを入れることができるブロックチェーン専用のお財布]
・OpeSeaのアカウント…OpeSea[NFT作品を販売するフリマ]のアカウント[会員登録]
・暗号資産のETH(イーサ)…ETH(イーサ)=Ethereum(イーサリアム)[ブロックチェーン上で使われるNFT作品に対応したお金]

 

が必要です。

 

そもそもNFTが分からない、という人は下記記事をご覧ください。イメージだけでもつきます。なんとなくNFTのこと知ってるよという人はこのまま本記事を読みすすめて下さい。

 

NFTの基礎を知る
NFT教科書_画像
【初心者向け】『NFTの教科書』の内容と感想をわかりやすく紹介

続きを見る

 

ぶっちゃけ、NFTって「買うまでの準備」が大変です。

 

逆に言うと、準備さえできれば簡単(買い方自体は同じことの繰り返しですから)。

 

というわけで、「NFTを買う」までの手順をチェックしましょう。

 

NFTを購入する手順は、

 

手順①:口座開設
手順②:ウォレット作成
手順③:OpenSeaのアカウント登録
手順④:暗号資産を購入
手順⑤:ウォレットへ送金
手順⑥:NFTを買う

 

です。

 

手順①〜⑤は、準備の段階。

 

手順⑥で、ようやく購入。

 

しつもん君
手順①から⑥の内容を、もうすこし詳しく説明してほしいです

 

オッケーです。各手順の内容をもうすこし詳しく言うと…
りはぶん

 

 

手順①:口座開設…暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設をする
手順②:ウォレット作成…MetaMask(メタマスク)という暗号資産を入れるお財布(ウォレット)を作成する
手順③:OpenSeaのアカウント登録…NFT作品を売買しているOpenSeaというフリーマーケットに会員登録する
手順④:暗号資産を購入…暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産(仮想通貨)のETH(イーサ)を購入する
手順⑤:ウォレットへ送金…暗号資産取引所の口座内にあるETH(イーサ)をMetaMask(メタマスク)という暗号資産を入れるウォレット(お財布)に送金する
手順⑥:NFTを買う

 

ですね。

 

 

しつもん君
あ、ちょっとだけイメージ出来てきました

 

良かったです。ついでにNFTを買うまでの流れをイメージ図にしてみました/st-kaiwa1]

 

 

[st-kaiwa2]あ、すごい!かなりNFTを買うまでのイメージができました!インターネットの中にブロックチェーンがあるんですね[/st-kaiwa2]

 

[st-kaiwa1 r]そうなんです。この壮大な世界もスマホとパソコンがあればオッケーなのですごいですよね。それでは、このような「イメージ図」を頭に入れつつ、このあとに続く手順①〜⑤の解説記事をどうぞ

りはぶん

 

 

手順①〜⑤が済んでない人は、下記記事を読んで準備をしてくださいね。

 

 

 手順①(口座開設)にかんする記事

しつもん君
たくさんあるから迷うな…。ぶっちゃけどこの暗号資産(仮想通貨)取引所がおすすめなの?

 

結論、おすすめは全部。私自身、上記の取引所すべての口座開設をおこないました。
りはぶん

 

とは言え、迷ったらビットフライヤーコインチェックから初めてみましょう。

 

それぞれの取引所にメリットとデメリットがあるので使い分けていくのがベター。口座開設はすべて無料ですし、取引所ごとにお得なキャンペーンがあります。年会費無料のポイントカードを作成する感覚でサクッと口座開設するのがおすすめ。

 

ちなみに、下記記事では取引所5社を比較しているのでぜひ参考にして下さい。

 

アイキャッチ画像_暗号資産取引所5社比較
【結論すべて】おすすめ暗号資産取引所5社を比較【NFT初心者】

続きを見る

 

 

 手順②(ウォレット作成)にかんする記事

 

しつもん君
このメタマスクというのが暗号資産を入れるお財布ですよね?

 

そのとおり、ブロックチェーンに対応したお財布ですね。無料で作成できます。良ければ上記記事を参考にして下さい
りはぶん

 

 

 手順③(OpenSeaのアカウント登録)にかんする記事

 

 

しつもん君
NFT作品が売買されている世界最大のフリマですよね。ただ、英語サイトでむずかしそう…

 

大丈夫、安心して下さい。上記記事でOpenseのアカウント登録から設定方法を初心者向けに画像たっぷりで解説しています
りはぶん

 

 

 手順④(暗号資産を購入する)にかんする記事

しつもん君
どの取引所からでもETH(イーサ)は購入できるの?

 

そうですね。どの取引所でもETH(イーサ)は買えます。ただ、手数料が若干ちがいます。詳しくは上記の記事に書いているので参考にして下さい
りはぶん

 

 

 手順⑤(ウォレットへ送金)にかんする記事

 

 

しつもん君
送金手続って、聞いただけでドキドキするなぁ…

 

たしかに、私も最初はかなり緊張しました!ただし、少額からテスト送金をして手順に沿って行えば心配ありません。上記記事に画像たっぷりで解説しているので参考にして下さい
りはぶん

 

 

以上、手順①〜⑤、NFT作品を買う準備段階の大前提をご説明しました。

 

前置きが長くなりましたが、ここからは手順⑥(NFTを買う)を画像たっぷり4ステップで解説していきます。
りはぶん

 

それでは、MetaMask(メタマスク)ETH(イーサ)が用意されている前提でNFTを買っていきますね。

 

OpenSeaに出品されているNFT作品の表示方法は3パターンあります。

 

 

 

未販売:Lastの文字のみ or 表示がなにもない
販売中:Priceの文字
オークション中:Bidの文字

 

『Price』の下に「黒色」や「紫色」のイーサマークと価格が表示されているNFTが『販売中』

 

 

 

ちなみに、「黒色」「紫色」、この色のちがいはブロックチェーンのネットワークのちがいです。「黒色」はイーサリアムチェーン、「紫色」はポリゴンチェーン。

 

 

 

で、画像の上にカーソルを移動させて『Buy now』と表示されるものはすぐに買えます。

 

今回は『Price』(販売中)』『黒色イーサ』のNFT作品の買い方を画像たっぷりで深堀します。

 

それでは、行ってみましょう。

 

 

ステップ1:.OpenSeaで買いたいNFT作品の画面を開く

 

 

OpenSeaの公式サイトを開きます。

https://opensea.io/

 

※注意:OpenSeaにはニセサイトがあります。上記サイトURLは公式のもの。公式ページにとんだら、ぜひとも「ブックマーク」に登録をしていただき、2回目以降は「ブックマーク」からリンクするようにしましょう。

 

 

 

画面右上にある『人形アイコン』をクリック。

 

 

 

『MetaMask』をクリックすると…

 

 

 

ブブラウザ画面の中にMetaMaskのウォレットが表示されます。

 

 

 

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

 

 

 

プロフィールページがひらいたら、画面上にある検索バーに気になるコレクション名を入力してみましょう。

 

 

 

今回、私はボクセルアートのNFT作品を買いたいと思います。

 

 

 

トップ画面を下にスクロールしていくと…

 

 

 

いろいろな作品がリストされています。

 

 

 

いろいろな作品がありますが、今回はイーサリアムネットワークのNFT作品を購入したいので、

 

『chains』の項目内の『Ethererm(ETH)』をクリック。

 

 

 

すると、イーサリアムネットワークのNFT作品だけがピックアップされます。

 

要するに「絞り込み検索」の機能ですね。

 

 

 

画像の上にカーソルをもっていき『Buy now』と表示された中で、ほしいNFT作品をクリック。今回は可愛らしいクロネコにします。

 

 

 

詳細画面が開くので、さらに『Buy now』ボタンをクリック。

 

 

ステップ2:NFT作品の情報を確認する

 

 

購入する前に上記のような画面が出るので、コレクション名やクリエイター名をしっかりと確認します。英語で書かれているけれど、テキトーに流し読みしないように…。

 

確認できたら、下の『チェックマーク』にチェックを入れる。

 

 

 

上記のような画面が出たら『confirm checkout』(注文確認)のボタンをクリック。

 

 

 

クリックすると「ボワっ」とした画面に。注文よ届け…!

 

 

ステップ3:手数料(ガス代)を払ってNFT作品を購入する

 

 

このような画面が表示された場合は『Unlock』をクリックします。

 

NFT作品を購入するためにウォレットのロックを解除してね的な内容です。

 

 

 

つづけて『Sign』ボタンをクリック。

 

これは、あたなのウォレットを使って取引を続けていくので署名(サイン)してね的な内容ですね。

 

 

 

ウォレットのロックが解除されると、ウォレット上にNFTを購入するときに発生する手数料(ガス代)が表示されます。

 

ガス代は数十秒ごとに価格が変わります。

 

 

 

しつもん君
えっ、たった30秒で1,000円くらい変わるの!?

 

そうなんです。時間に余裕のある人は安くなるタイミングをねらってガス代を節約しましょう。
りはぶん

 

 

 

ガス代に納得したら『確認』ボタンをクリック。

 

 

 

内容をチェックして『確認』ボタンをクリック。

 

 

 

『Your purchase is processing!』と表示されているときは処理中になります。

 

 

 

『Your purchase has processed!』となったら処理完了

 

購入すると、OpenSeaから『Your successfully bought ~ 』のメールがとどきます。

 

 

しつもん君
これで買えたのかな…?

 

はい、これで買えました
りはぶん

 

 

ちなみに…

 

 

決済途中で上記のような画面になることも…。

 

最初はメチャメチャ焦りましたが、大丈夫。送信エラーみたいなものなので、やり直せばオッケーです。

 

 

ステップ4:NFTアートが購入できたか確認しよう

 

 

購入したコレクションのページから…

 

 

 

購入した作品を開いて『Owned by you』となっていたら決済完了。これで世界にひとつだけのボクセル作品はあなたのものになりました!

 

 

 

公式サイトのトップに戻って、プロフィール画面にもちゃんと表示されているか確認しましょう。トップページ右上にある『人形アイコン』をクリック。

 

 

 

『profile』を選択します。

 

 

 

プロフィール画面の『Collected』を選択して、購入したNFTアートが表示されていればOK。

 

 

しつもん君
ようこそ!って感じですね

 

そうなんです。じっさいNFTをゲットすることを「おむかえする」という表現をする人ももいます。NFTはじっさいに所有することでその良さが実感できます。少額からで良いので、ぜひNFT作品を買ってみましょう。
りはぶん

 

 

以上、OpenSeaでNFTアートを購入する方法についてでした。最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

-NFT
-, ,