暗号資産

【コインチェック(Coincheck)】日本円の入金方法|暗号資産の購入方法|を4ステップで解説【初心者向け】

アイキャッチ画像_コインチェック_ 日本円入金_ 暗号資産
しつもん君
暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックBTC(ビットコイン)ETH(イーサ)などの暗号資産(仮想通貨)を買いたいです でも、どうやったら日本円を暗号資産と交換できるの? 入金手順や購入方法がわからないので教えてほしい…

 

上記のような質問に答えます。

 

こんにちは、りはぶん(@rehabungakuです。読書×NFTブロガー。ふだんは介護施設のリハビリ職員(10年以上)、2児のパパ。趣味は読書で年間100冊程度。最近、ボクセルアートを勉強中。
りはぶん

 

 

 この記事の内容

  • ステップ1:コインチェック(coincheck)に日本円を入金する
  • ステップ2:暗号資産の購入方法を選ぶ
  • ステップ3:購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する
  • ステップ4:購入した暗号資産を確認する

 

 

この記事を読むことで、暗号資産(仮想通貨)の取引所であるコインチェック(Coincheck)で、日本円を使ってBTC(ビットコイン)やETH(イーサ)の暗号資産を購入する方法が分かります。

 

ビットコイン(BTC)は、ゴールド(金)のように資産的価値のある暗号資産。
イーサ(ETH)は、NFT売買に必須の暗号資産。

 

🔰 初心者メモ 🔰

一応の確認ですが…コインチェック(Coincheck)とは、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所のこと。この暗号資産取引所の中で、あなたのもっている日本円を使って、BTC(ビットコイン)やETH(イーサ)などの暗号資産が買えるわけです。

 

ちなみに、ステップ2でくわしく解説しますが、暗号資産(仮想通貨)取引所で暗号資産を購入する方法は「販売所」「取引所」2パターンがあります。

 

それぞれの特徴をざっくり言うと、

 

・「販売所」は手数料高め(購入手続きが簡単)
・「取引所」は手数料安め(購入手続きがちょっと面倒)

 

です。

 

なお、コインチェック(Coincheck)の「取引所」ではETH(イーサ)を購入することができません

 

・コインチェックの「販売所」:BTC購入できる、ETH購入できる
・コインチェックの「取引所」:BTC購入できる、ETH購入できない

 

なので、手数料を1円でも安くしたい!と考えているなら「取引所」で手数料を安くしてETHが購入できるビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめ。もしよければ下記記事を参考にして下さい。

アイキャッチ画像_ビットフライヤー_日本円入金_イーサを購入
【ビットフライヤー(bitFlyer)】日本円の入金方法|イーサ(ETH)の購入方法を4ステップで解説【初心者向け】

続きを見る

 

 

とはいえ、暗号資産(仮想通貨)取引所は複数あって企業ごとにメリットとデメリットがあります。

 

個人的な経験から言うと、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座は複数あっても問題ないです。企業ごとにキャンペーンやお得なサービスがあるのでお得。年会費無料であれば、ポイントカードを作成するような感覚でサクッと口座開設を行い目的に合わせて使い分けるのがおすすめ。
りはぶん

 

すいません、本題に戻ります。

 

今回は、日本円を使ってBTC(ビットコイン)とETH(イーサ)を購入します。

 

おおまかな手順は、

 

・日本円を入金する
・暗号資産を買う

 

2ステップだけ。

 

とはいえ、暗号資産を初めて購入する人にはハードルが高いかと。

 

 

私も最初はかなり苦戦しました
りはぶん

 

 

でも、大丈夫です。

 

本記事はスクショ画像たっぷりで解説しているので、そのままマネをすればOK。30分後には暗号資産の購入が完了します。

 

 

しかも、スマホ完結で。

 

もちろん、スマホのみはちょっと不安…という場合は手順だけでも参考にして下さい。

 

手順はパソコンもほぼ同じなので。

 

投資は自己責任です。が、何事も「習うより慣れろ」。

 

ちょっぴり身銭を切って手を動かすことで自然とスキルが身につきます。

 

本記事は初心者向けに少額(500円)でBTCとETHを購入しています。なので、まずは「やり方」をマスターして下さい。あとは実践あるのみ。

 

少額から始めれば問題なし
りはぶん

 

コインチェック(Coincheck)の口座開設がまだの人は、下記からどうぞ。

 

【無料】コインチェック(Coincheck)の口座開設をする

 

口座開設の方法を知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

 

アイキャッチ画像_コインチェック口座開設の方法
【コインチェック(coincheck)】口座開設の方法【初心者OK】5ステップで解説

続きを見る

 

コインチェックの口座を開設できたら、ぜひ「日本円の入金」と「暗号資産の購入」にチャレンジを。

 

それでは、行ってみましょう。

 

 

ステップ1:コインチェック(Coincheck)に日本円を入金する

 

 

さっそくですが、コインチェックに日本円を入金するイメージは上記のとおり。

 

この記事では、私が実際におこなっている銀行での「振込入金」をご紹介。

 

「振込入金」をする場合、ふだん使っている銀行から日本円を振込入金することが可能です。

 

 

ちなみに、コンビニ入金は一時的に利用がストップしたり入金手数料が高かったりするので私は利用していません。
りはぶん

 

 

コインチェックのスマホ専用アプリを開いてログイン。

 

 

ログインするためには、2段階認証が必要。認証アプリを起動して認証コードを発行します。

 

認証アプリを開きます。

 

 

認証コードを獲得したら、ログイン画面に入力しましょう。

 

 

認証コードを貼り付ける。

 

 

セキュリティ対策は超重要。私はGoogleの認証アプリを使用してます
りはぶん

 

 

ログインするとコインチェックのホーム画面が開くので画面下にある『ウォレット』タブをップ。

 

 

『入出金』をタップ。

 

 

上記のような画面になるので『入金』をタップします。

 

そうすると振込先の銀行口座の情報が表示されるのでチェック。

 

コインチェック指定の振込口座で『GMOあおぞらネット銀行』『住信SBIネット銀行』の2つ。

 

ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

『GMOあおぞらネット銀行』の振込口座番号。

 

 

『住信SBIネット銀行』の振込口座番号。

 

『住信SBIネット銀行』に振り込む場合「振込人名義」の項目は「ユーザーID+お名前」となるのでご注意ください。

 

 

以上、コインチェック指定の「振込口座」は『GMOあおぞらネット銀行』『住信SBIネット銀行』の2つです。一方、コインチェックに日本円を入金する際の「振込手続」は、あなたがふだん使っている銀行からどうぞ。

 

ちなみに、私は三菱UFJ銀行や楽天銀行の口座もふだん使っていますが、今回は同じ銀行同士で手数料無料『GMOあおぞらネット銀行』を使用します。

 

なので、本記事では『GMOあおぞらネット銀行』の専用アプリを使用しながら解説をすすめます。もちろん、他の銀行口座からも日本円の入金は可能。流れは同じなので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

というわけで、『GMOあおぞらネット銀行』の専用アプリを開いて『振込・振替』をタップ。

 

 

『GMOあおぞらネット銀行』を選択。

 

 

内容を確認して問題がなければ『確認』をタップ。

 

先ほどコインチェックで確認した『GMOあおぞらネット銀行』の指定口座の内容を入力していきます。

 

 入力する内容

・振込先
・依頼人名
・科目選択
・口座番号
・受取人名
・振込金額

 

今回は少額の1500円を入金することにします。
りはぶん

 

 

入力内容を確認して問題がなければ『取引認証』をタップします。

 

 

そうすると、上記のような画面が出るので振込完了。

 

 

登録したメールアドレスに日本円入金のメッセージが届きます。

 

 

コインチェックのアプリにもどって、入金を確認。

 

これで日本円を入金することができました。
りはぶん

 

 

ステップ2:暗号資産を購入する方法を選ぶ

 

コインチェックに日本円の入金が完了したら、さっそく暗号資産を購入しましょう。

 

で、コインチェックで暗号資産を購入する場合「販売所」と「取引所」の2つの方法が選べます。

 

「販売所」と「取引所」のちがいは、

 

・販売所:手数料が高い
・取引所:手数料が安い

 

という理解でオッケーです。

 

でも、どうして「販売所」の方が高いの…?

 

とギモンに感じる人もいるかと。

 

ザックリとした結論を言うと「販売所」は販売員の手数料が発生するから

 

とはいえ「販売所」と「取引所」のちがいをイメージしやすくするため、イラスト画像を使って解説します。

 

 

メリットとデメリットもチェックしましょう
りはぶん

 

 

 暗号資産取引所の【販売所】手数料高い

 

・メリット:販売員が仲介するので、注文方法がわかりやすい。
・デメリット:販売員が仲介するので、手数料が高くなる。

 

注文方法はかなり分かりやすく迷わず購入できるでしょう。

 

 

 暗号資産取引所の【取引所】手数料安い

 

・メリット:販売員が仲介しないので、注文方法がむずかしい。
・デメリット:販売員が仲介しないので、手数料が安くなる。

 

パッと見「取引所」は、ちょっと操作がむずかしいかも。

 

でも、慣れてしまえば何の問題ありませんよ。

 

本記事は初心者向けに書いているので「販売所」と「取引所」両方の購入方法を解説します。

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが、サクサクいきましょう。
りはぶん

 

 

ステップ3:購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する

 

 

本記事では「販売所」と「取引所」の両方で暗号資産を購入する方法を解説します。購入する暗号資産は、BTC(ビットコイン)とETH(イーサ)。

 

 本記事で紹介する暗号資産の購入方法

「販売所」を使って、BTC(ビットコイン)とETH(イーサ)を購入する。
「取引所」を使って、BTC(ビットコイン)を購入する。

 

 

ちなみに、コインチェックの「取引所」でETH(イーサ)を購入することができません

 

なので、手数料を安くETH(イーサ)を購入したい人は、ビットフライヤー(bitFlyer)という暗号資産取引所がおすすめ。本サイトではビットフライヤーの「口座開設方法」や「暗号資産の購入方法」についても下記記事で解説しているので参考にして下さい。

 

この記事を読んでみる
アイキャッチ画像_ビットフライヤーからETH(イーサ)を送金する方法
【ビットフライヤー(bitFlyer)】口座を開設する方法【初心者OK】スマホ画像たっぷり解説

続きを見る

 

 

🔰 初心者メモ 🔰

私の場合、コインチェック(Coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)両方の口座を開設しています。それぞれにメリットとデメリットがありますが、無料で口座開設できるのでノーリスク。それぞれのメリットを使いつつ資産の保管場所をリスク分散させておくのがベターです。銀行口座やクレカを作るような感覚で暗号資産(仮想通貨)取引所は複数の口座を開設しておくのがよいかと。

 

 

もちろん、投資は自己責任。

 

でも「習うより慣れろ」です。私自身もそうでしたが、初心者の段階では数百円から数千円程度の少額から始めれば何の問題ありません。じっさいに手を動かして慣れてきたら、暗号資産の購入金額をアップさせるかんじですね。

 

というわけで、まずは「販売所」で購入する方法からみていきましょう。
りはぶん

 

 

「販売所」で購入する

 

 

それでは「販売所」で暗号資産を購入していきましょう。
りはぶん

 

あらためてコインチェックのアプリからログインします。

 

 

コインチェックのアプリを開いてホーム画面から『販売所』をタップします。

 

上記画面がいわゆる「販売所」スペースにあたります。

 

 

まずは『BTC(ビットコイン)』を選択しましょう。

上記のようなBTC(ビットコイン)の売買フォームが開くので『購入』をタップ。

 

 

購入したい日本円の金額を入力。今回は試しに500円分のビットコインを購入してみます。

 

日本円を入力するとBTC(ビットコイン)の数値も連動表示されます。

 

コインチェックの「販売所」では、500円分のBTC(ビットコイン)から購入が可能。
りはぶん

 

 

購入金額にまちがいなければ『日本円でBTCを購入』をタップ。

 

 

上記のような画面が出てくるので『購入』をタップ。

 

はい、ビットコインの購入完了です。

 

 

登録したメールアドレスにもBTC購入完了のメッセージが届きます。

 

以上、超簡単に購入できますよね。

 

続いては、ETH(イーサ)を買ってみましょう。基本は同じ。
りはぶん

 

 

続いては『ETH(イーサリアム)』を選択。

 

このあとの流れはBTCの購入方法とまったく同じ。サクサク見ていきましょう。
りはぶん

 

ETH(イーサ)の売買フォームが開くので『購入』をタップ。

 

 

購入したい日本円の金額を入力します。BTCと同様、ETH(イーサ)も500円分の少額購入をしてみましょう。

 

日本円を入力するとETH(イーサ)の数値も連動表示されます。

 

 

購入金額にまちがいがなければ『日本円でETHを購入』をタップ。

 

 

はい、これでETH(イーサ)の購入完了です。

 

登録したメールアドレスにもETH購入完了のメッセージが届きます。

 

 

以上、それぞれ500円分のBTC(ビットコイン)とETH(イーサ)を購入することができましたね。

 

では、続いて「取引所」で購入をしてみましょう。操作方法がちょっとフクザツですが手数料は安くなります。

 

 

「取引所」で購入する

 

 

続いては「取引所」で暗号資産を購入します。BTC(ビットコイン)の買い方のみをご紹介します
りはぶん

 

くり返しになりますが、コインチェックの「取引所」でETH(イーサ)を購入することができません

 

なので、手数料を安くETH(イーサ)を購入したい人は、ビットフライヤー(bitFlyer)という暗号資産取引所がおすすめ。本サイトではビットフライヤーの「口座開設方法」や「暗号資産の購入方法」についても下記記事で解説しているので参考にして下さい。

 

アイキャッチ画像_ビットフライヤーからETH(イーサ)を送金する方法
【ビットフライヤー(bitFlyer)】口座を開設する方法【初心者OK】スマホ画像たっぷり解説

続きを見る

 

というわけで、コインチェックでBTC(ビットコイン)を購入する場合は、手数料を安くできる「取引所」がおすすめ。

 

「取引所」でBTC(ビットコイン)を購入する場合、ちょっと分かりにくいかもですが慣れてしまえばまったく問題がないので、ぜひ「取引所」での購入方法をマスターしましょう。

 

本記事のスクショ画像をマネすればオッケー。あとは慣れます。
りはぶん

 

 

コインチェックのアプリを開いてホーム画面から『アカウント』をタップします。

 

 

画面を下にスクロールさせて…

 

 

『FAQ/問い合わせ』をタップ。

 

 

上記のような画面が開くので『3本線のマーク』をタップします。

 

 

『Coincheck取引所』を選択。

 

 

ぶっちゃけアプリ内の「取引所」への入り方そのものが、分かりにくいですね(笑)
りはぶん

 

 

上記のような画面が開きますここがコインチェックの「取引所」

 

JPY(日本円)とBTC(ビットコイン)売買レートがピコピコしと変動しています。初めてみたらちょっとあせるかもですが、購入手続き自体はシンプルなのでご安心を。

 

 

『買』のレートをタップ。

 

これは「取引所」ならではの「指値」という注文方法で、今回の場合だと「1BTCを3,087,320円のレートで買いますよ」という意味。

 

一方、「販売所」ではあらかじめコインチェックが決定した(手数料を上乗せした)販売価格でBTCを売買しています。

 

 

少額投資の場合、それほどの差はありませんが「10万、100万、、、」と投資額が大きくなるにつれて手数料も高くなります。
りはぶん

そうすると上記のような画面が開くので『買い』をタップして注文量を入力します。

 

 

注文内容にまちがいがなければ『注文する』をタップ。

 

概算として20,000円分を入力。入力した日本円と連動してBTCの注文量が表示されます。ちなみに、コインチェックの「取引所」でBTC(ビットコイン)を購入する場合、1取引につき「0.0005BTC以上」の注文をする必要があるので注意して下さい。

 

 

はい、これで「取引所」のビットコインの購入完了です。

 

 

りはぶん
以上「取引所」で購入する方法でした。ちょっとだけフクザツですが、すぐに慣れます

 

 

ステップ4:購入した暗号資産を確認する

 

それでは、じっさいに購入できたかコインチェックの『ウォレット』で確認します。

 

本記事では「販売所」で購入したBTCとETHの金額を参照します。「販売所」で500円分購入しようが「取引所」で100万円分購入しようが購入した暗号資産を確認する方法は同じなので参考にして下さい。

 

 

アプリのホーム画面で『ウォレット』をタップ。

 

 

そうすると、上記のような画像が開くのでウォレットの総額が確認できます。総額は1,500円になっていますね。

 

日本円のほかに、それぞれの暗号資産の内訳が表記されています。

 

 ウオレット総額1,500円の内訳

・JPY:500円
・BTC:498円(0.00015749BTC
・ETH:501円(0.0022008ETH

 

BTCとETHの価格変動は大きいのでウォレット総額も見るたびに変動します。

 

 

以上、購入した暗号資産を確認する方法でした。
りはぶん

 

 

最後に本記事の内容をおさらいしましょう。

 

 

この記事の内容は、

  • ステップ1:コインチェック(coincheck)に日本円を入金する
  • ステップ2:暗号資産の購入方法を選ぶ
  • ステップ3:購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する
  • ステップ4:購入した暗号資産を確認する

 

でしたね。

 

 

ポイントとしては、

  • ステップ1:コインチェック(coincheck)に日本円を入金する
    →指定口座は「GMOあおぞらネット銀行」と「住信」の2つ。
    →振込手続き自体は、あたながふだん使っている銀行からでOK。
  • ステップ2:暗号資産の購入方法を選ぶ
    →「販売所」と「取引所」の2つの購入方法がある。
    →「取引所」の方が手数料が安い。
  • ステップ3:購入したい暗号資産を選択し価格と数量を入力する
    →「販売所」では、500円分の少額からBTCとETHが買える。
    →「取引所」では、ETHの購入はできない。BTCのみ。
    →「取引所」では、BTCの1取引につき「0.0005BTC以上」注文する必要がある。
  • ステップ4:購入した暗号資産を確認する。
    →ウオレットの総額は常に変動する(BTCとETHの変動にともない)。

 

という感じです。

 

一度読んで分からない部分があれば、必要な箇所だけ読み返していただければと思います。最初はむずかしいかもですが、じっさいに注文回数を重ねるとすぐに慣れますよ。

 

本記事はスクショ画像を見ながら「マネすればオーケー」の内容になっています。

 

とはいえ、じっさいに手を動かすことでもっとも効率的に知識が身につきます。ぜひ少額からで良いので日本円を入金して暗号資産を購入してみて下さい。

 

まだ、コインチェック(Coincheck)の口座を開設していない人は、下記記事を参考にサクッと口座を開設しちゃいましょう。

 

アイキャッチ画像_コインチェック口座開設の方法
【コインチェック(coincheck)】口座開設の方法【初心者OK】5ステップで解説

続きを見る

 

以上、暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェック(Coincheck)に日本円を入金して、ETH(イーサ)を購入する方法でした。

 

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後までブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。
りはぶん

-暗号資産
-,