オーディオブック

【2022年最新】村上春樹オーディオブック|Audible聴き放題|全作品の感想

アイキャッチ画像_村上春樹_オーディオブック
しつもん君
村上春樹さんの小説がオーディオブックで聴けるって本当?おすすめの村上春樹作品を教えてほしいです。

 

上記のような質問に答えます。

 

 

こんにちは、りはぶん@rehabungakuです。読書×NFTでブログを書いてます。趣味は読書、年間100冊程度。2019年からオーディブルを愛用して、年間50冊程度の本を聴いています。読書の想像力はNFTメタバースを創造する。 高校生のころ(1990年代)に村上春樹の小説を読んでいた私にとって、村上作品がオーディオブックで聴けるなんて信じられません。
りはぶん

 

ちなみに、作品のオーディオブック化について、村上春樹本人より下記のコメントがよせられています。

 

僕は車を運転しながら、よく小説の朗読を聴いています。

僕の場合、どちらかといえば古典作品を「聴く」ことが多いんだけど、自分の小説がほとんど同時代的に「耳で読まれる」というのは、嬉しいようでもあり、また少しばかり気恥ずかしいようでもあります。

でもこれからはおそらく、多様な形式をとって小説は読まれていくのだろうし、作家の側も多かれ少なかれ、そういう新しい環境を念頭に置いて作品を書いていくことになるのだろうと思います。

これまでになかった新しい可能性が生まれるといいと思う。

 

村上春樹

引用:AV Watch記事

 

 

村上春樹といえば、日本が世界に誇る小説家

 

「わかりやすい言葉」で「むずかしい内容」に切り込む作風は世界的評価も高く、ノーベル文学賞の有力候補。

 

村上春樹の言語表現は、現実と非現実の世界を往復します。気が付けば、読者の脳内はアップデートされ、世界の見え方がちょっと変化します。もちろん、良い方向に。

 

 

 本記事の内容

  • 村上春樹のオーディブック全10作品
  • 村上春樹とは
  • 村上春樹が語る小説を読むメリット
  • まとめ

 

この記事では、村上春樹のおすすめオーディオブック全作品をご紹介また、村上春樹が語る小説を読むメリットもお伝えします。ハルキスト(村上春樹フリーク)はもちろん、小説そのものを読まない人にも有益かと。気になる目次から読んで下さい。

 

結論、から言うと…

 

村上春樹の言葉には脳内にもう1つの世界を作り出す魔力あり。何気ない言葉の組み合わせにやられます。そんな村上春樹のオーディオブックが聴けるのはAudible(オーディブル)だけ。現時点で配信が決まっているオーディオブック10作品を紹介します。

 

です。

 

最近、本を読んでいる人は少ないです。また、読書好きでもコスパ重視(ビジネス書や自己啓発系)で、小説を読まない人が多いです。

 

これは、チャンス。

 

スキマ時間に村上春樹を「ながら読書」することで、何気ない日常生活の中に新しいアイデアや人生の価値観を発見できるから。

 

なので、小説は1周まわってコスパ最強。

 

たしかに、小説を読むのはちょっと時間がかかります。

 

でも、オーディオブックなら時間と場所を選ばすにスラスラと耳で読書ができます。

 

村上春樹の配信作品は予定もふくめて全10作品。本記事では作品ごとの配信日(配信予定日)と出版年を記載しています。ほんの少しだけ、名言もご紹介

 

作品の情報は随時更新していきます。
りはぶん

 

 

 村上春樹のオーディオブック作品10

 

 

村上春樹の魅力がつまった作品ばかりです。

 

そんな村上作品を、Audible(オーディブル)なら、30日間無料で聴くことができます。

 

Audible(オーディブル)とは、Amazonのオーディオブック。サクッと会員登録をして無料期間中に村上作品を聴いてみましょう

 

無料期間中の退会なら解約金は0円なので安心して下さい。

 

また、Audible会員になると、すべてのオーディオブック作品が定価30%OFFの価格で購入可能。購入した作品は退会後もくり返し聴けます。

 

 

\まずは30日間無料で試してみる/

 

 

今なら、Audibleの聴き放題プランが無料体験できます。対象作品は12万冊以上

 

1冊でも気になる本があれば、Audibleの30日間の無料体験を試してみましょう。「本を聴く」感覚がバッチリ分かります。無料期間中でも解約できます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入し、繰り返しお楽しみ下さい。

 

今なら『ねじまき島クロニクル』『職業としての小説家』が無料で楽しめますね
りはぶん

 

\30日間無料/

Audibleで本を聴く

 

ちなみに…
りはぶん

 

\今なら、60日間無料キャンペーン/

【申込期限】2022年10月12日(水)まで

 

 

なんと、2022年10月12日までに会員登録するとAudibleの聴き放題プランが60日間限定で無料体験できます。サービス内容はいつもと同じで、対象作品も12万冊以上

 

2カ月間利用すると、通常3,000円かかりますが、キャンペーン期間中に登録すると2カ月間0円で楽しめます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入して繰り返しお楽しみ下さい。

 

\60日間無料/

Audibleで本を聴く

 

退会した人も…
りはぶん

 

\Audibleの再登録者が対象/
3ヶ月60%OFFのリトライキャンペーン

 

 

キャンペーン概要:Audibleに再登録すると、3ヶ月60%OFFの料金で利用できるキャンペーンです。

3ヶ月利用すると通常4,500円かかりますが、このキャンペーンでは3ヶ月で2,700円で済みます。

つまり、3ヶ月間は月額900円でAudibleが楽しめます。

なおキャンペーンにはエントリーが必須です。

エントリー期間:2022年7月23日(土)10:00〜2022年10月31日(月)23:59

キャンペーン対象キャンペーンメールを受領した方のみ。

 

改めてAudible(オーディブル)を利用したい人は、村上春樹作品をキッカケに再登録してみてはいかがでしょうか。
りはぶん

 

\エントリー期間10月31日(月)まで/

Audibleで本を聴く

 

 

試さない理由がないかも
りはぶん

 

 

▶︎Audible(オーディブル)30日間の無料体験を試す

 

 

村上春樹の作品をきっかけに、オーディオブック読書で世界の見え方をアップデートしてみませんか。

 

 

村上春樹のオーディオブック作品10選

 

 

さっそくですが、村上春樹のオーディオブック10選をご紹介。

 

 

すべて良質の作品。安心して聴いて下さい。
りはぶん

 

 

 村上春樹のオーディオブック作品10

 

 

上記10作品ですが、参考までに出版年(紙の書籍)とオーディオブックの再生時間を記載、また、各作品の「名言」もちょっとだけ紹介しているので参考にして下さい。

 

出版年からその作品が読まれた時代背景をイメージしましょう。あと、2倍速なら半分の時間で聴き終えることができます。
りはぶん

 

それでは、いってみましょう。

 

 

『ねじまき島クロニクル』【配信済】

 

第1部 泥棒かささぎ編

 

・配信日:2022年4月24日【配信済】
・出版年:1994年
・再生時間:11時間23分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。「どうして?」と僕は訊いた。娘はまるで封をするように僕の唇の上に指を一本置いた。「質問はしないで」と彼女は言った。「それから目も開けないでね。わかった?」僕は彼女の声と同じくらい小さくうなずいた。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「流れというのが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。そのあいだは死んだつもりでおればいいんだ」

P96:本田さん

 

 

第2部 予言する鳥編

 

・配信日:2022年6月1日【配信済】
・出版年:1994年
・再生時間:12時間7分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

「今はまちがった時間です。あなたは今ここにいてはいけないのです」しかし綿谷ノボルによってもたらされた深い切り傷のような痛みが僕を追いたてた。僕は手をのばして彼を押し退けた。「あなたのためです」と顔のない男は僕の背後から言った。「そこから先に進むと、もうあとに戻ることはできません。それでもいいのですか?」

 

Audible作品紹介より

 

名言

「何か大事なことを決めようと思ったときはね、まず最初はどうでもいいようなところから始めた方がいい。誰が見てもわかる、誰が考えてもわかる本当に馬鹿みたいなところから始めるんだ。そしてその馬鹿みたいなところにたっぷりと時間をかけるんだ」

P307:叔父

 

 

第3部 鳥刺し男編

 

・配信日:2022年7月15日【配信済】
・出版年:1995年
・再生時間:17時間6分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

僕の考えていることが本当に正しいかどうか、わからない。でもこの場所にいる僕はそれに勝たなくてはならない。これは僕にとっての戦争なのだ。「今度はどこにも逃げないよ」と僕はクミコに言った。「僕は君を連れて帰る」僕はグラスを下に置き、毛糸の帽子を頭にかぶり、脚にはさんでいたバットを手に取った。そしてゆっくりとドアに向かった。

 

Audible作品紹介より

 

名言

君は僕にすべてを忘れてほしいと言う。自分のことはもう放っておいてもらいたいと言う。でもそれと同時に、君はこの世界のどこかから僕に向かって助けを求めている。それはとても小さな遠い声だけれど、静かな夜には僕はその声をはっきりと聞き取ることができる。それは間違いなく君の声だ。

P261:僕

 

 

『海辺のカフカ』【配信予定:2022年11月】

 

上巻

 

 

・配信日:2022年11月30日
・出版年:2002年
・再生時間:4時間25分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「田村カフカくん、僕らの人生にはもう後戻りができないというポイントがある。それからケースとしてはずっと少ないけれど、もうこれから先には進めないというポイントがある。そういうポイントが来たら、良いことであれ悪いことであれ、僕らはただ黙ってそれを受け入れるしかない。僕らはそんなふうに生きているんだ」

P280:大島さん

 

 

下巻

 

・配信日:未定
・出版年:2002年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女――。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホシノ青年に助けられながら旅を続ける。〈入り口の石〉を見つけだし、世界と世界が結びあわされるはずの場所を探すために。謎のキーワードが二人を導く闇の世界に出口はあるのか? 海外でも高い評価を受ける傑作長篇小説。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「世界はメタファーだ、田村カフカくん」
「でもね、僕にとっても君にとっても、この図書館だけはなんのメタファーでもない。この図書館はどこまで行っても―――この図書館だ。僕と君のあいだで、それだけははっきりしておきたい」

P425:大島さん

 

 

『騎士団長殺し』【配信予定:2022年12月】

 

第1部 顕れるイデア編(上・下)

 

・配信日:2022年12月28日
・出版年:2017年
・再生時間:9時間30分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

一枚の絵が、秘密の扉を開ける……妻と別離し、傷心のまま、海を望む小暗い森の山荘に暮らす孤独な36歳の画家。ある日、緑濃い谷の向こうから謎めいた銀髪の隣人が現れ、主人公に奇妙な事が起き始める。雑木林の古い石室、不思議な鈴、屋根裏に棲むみみずく、そして「騎士団長」――ユーモアとメタファーに満ちた最高の長編小説!

Audible作品紹介より

 

名言

「歴史の中には、そのまま暗闇の中に置いておった方がよろしいこともうんとある。正しい知識が人を豊かにするとは限らんぜ。客観が主観を凌駕するとは限らんぜ。事実が妄想を吹き消すとは限らんぜ」

P449:騎士団長

 

 

第2部 遷ろうメタファー編(上・下)

 

・配信日:未定
・出版年:2017年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

4枚の絵が、新たな謎を語り出す。
ユーモアとアフォリズムに満ちた物語の行方を、
まだ誰も知らない。
森の小径を抜けて、絵画教室の少女と美しい叔母が山荘を訪れる。そして、4枚の不思議な絵がパズルのピースのように一つの物語を浮かび上がらせる。たびたび現われる優雅な銀髪の隣人、奇妙な喋り方で「私」に謎をかける騎士団長。やがて山荘の持ち主の老画家をめぐる歴史の闇も明らかになる。真夜中の鈴は、まだ鳴り止まない――。

Audible作品紹介より

 

名言

だってこの場所にあるすべては関連性の産物なのだ。絶対的なものなど何ひとつない。痛みだって何かのメタファーだ。この触手だって何かのメタファーだ。すべては相対的なものなのだ。光は陰であり、影は光なのだ。そのことを信じるしかない。そうじゃないか?

P382

 

 

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』【配信予定:未定】

 

上巻

 

・配信日:未定
・出版年:1985年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

 

Audible作品紹介より

 

名言

どれだけの天才でもどれだけの馬鹿でも自分一人だけの純粋な世界なんて存在しえないんだ。どんなに地下深くに閉じこもろうが、どんな高い壁をまわりにめぐらそうがね。

P362

 

 

下巻

・配信日:未定
・出版年:1985年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

〈私〉の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会した〈私〉は、回路の秘密を聞いて愕然とする。私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。残された時間はわずか。〈私〉の行く先は永遠の生か、それとも死か? そして又、〔世界の終り〕の街から〈僕〉は脱出できるのか? 同時進行する二つの物語を結ぶ、意外な結末。村上春樹のメッセージが、君に届くか!?

 

Audible作品紹介より

 

名言

誰も私を助けてはくれなかった。誰にも私を救うことはできないのだ。ちょうど私が誰をも救うことができなかったのと同じように。

P332

『1Q84』【配信予定日:未定】

 

BOOK1(4−6月)前編 後編

 

・配信日:未定
・出版年:2009年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

ひょっとしたら、と彼女は思う、世界は本当に終わりかけているのかもしれない。

夜空に不思議な月が浮かび、「リトル・ピープル」が棲む1Q84年の世界……深い謎をはらみながら、主人公・青豆と天吾の壮大な物語(ストーリー)が始まる。

1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれ、主人公青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「君は小説家になりたいんだろう。だったら想像しろ。見たこともないものを想像するのが作家の仕事じゃないか」

P359:小松

 

 

BOOK2(7−9月)前編 後編

 

・配信日:未定
・出版年:2009年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

心から一歩も外に出ないものごとなんて、この世界には存在しない──君たち二人の運命が、ただの成り行きによってここで邂逅したわけではない。君たちは入るべくしてこの世界に足を踏み入れたのだ。この1Q84年に。……雷鳴とどろく夜、青豆はさきがけのリーダーから「秘密」を明かされる。天吾と父親の宿命的な再会、そして猫の町。二人が迷いこんだ世界の謎はまだ消えない。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「説明しなくてはそれがわからんというのは、つまり、どれだけ説明してもわからんということだ」

P181:天吾の父

 

 

BOOK3(10−12月)前編 後編

 

・配信日:未定
・出版年:2009年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

青豆は「さきがけ」のリーダーが最後に口にした言葉を覚えている。「君は重い試練をくぐり抜けなくてはならない。それをくぐり抜けたとき、ものごとのあるべき姿を目にするはずだ」。彼は何かを知っていた。とても大事なことを。──暗闇の中でうごめく追跡者牛河、天吾が迷いこんだ海辺の「猫の町」、青豆が宿した小さき生命……1Q84年、混沌の世界を貫く謎は、はたして解かれるのか。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「希望があるところには必ず試練があるものだから」

P48:青豆

 

 

『東京奇譚集』【配信済】

 

 

・配信日:2022年7月15日【配信済】
・出版年:2005年
・再生時間:7時間20分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却……。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。

 

Audible作品紹介より

 

名言

かたちのあるものと、かたちのないものと、どちらかを選ばなくちゃならないとしたら、かたちのないものを選べ。それが僕のルールです。

P133

 

 

『神の子どもたちはみな踊る』【配信済】

 

 

・配信日:2022年8月1日【配信済】
・出版年:2000年
・再生時間:6時間40分

▶︎Audible無料体験で聴く

 

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

 

Audible作品紹介より

 

名言

僕らの心は石ではないのです。石はいつか崩れ落ちるかもしれない。姿かたちを失うかもしれない。でも心は崩れません。僕らはそのかたちなきものを、善きものであれ、悪しきものであれ、どこまでも伝えあうことができるのです。神の子どもたちはみな踊るのです。

P112:神の子どもたちはみな踊る

 

 

『螢・納屋を焼く・その他の短編』【配信予定:未定】

 

 

・配信日:未定
・出版年:1984年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

秋が終り冷たい風が吹くようになると、彼女は時々僕の腕に体を寄せた。ダッフル・コートの厚い布地をとおして、僕は彼女の息づかいを感じとることができた。でも、それだけだった。彼女の求めているのは僕の腕ではなく、誰かの腕だった。僕の温もりではなく、誰かの温もりだった……。もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。

 

Audible作品紹介より

 

名言

それで僕はあきらめた。一年近く前の話だ。彼女は消えてしまったのだ。

P.79

 

 

『職業としての小説家』【配信済】

 

 

・配信日:2022年6月1日【配信済】
・出版年:2015年
・再生時間:10時間

▶︎Audible無料体験で聴く

 

いま、村上春樹が語り始める――小説家は寛容な人種なのか……。村上さんは小説家になった頃を振り返り、文学賞について、オリジナリティーについて深く考えます。さて、何を書けばいいのか? どんな人物を登場させようか? 誰のために書くのか? と問いかけ、時間を味方につけて長編小説を書くこと、小説とはどこまでも個人的でフィジカルな営みなのだと具体的に語ります。小説が翻訳され、海外へ出て行って新しいフロンティアを切り拓いた体験、学校について思うこと、故・河合隼雄先生との出会いや物語論など、この本には小説家村上春樹の生きる姿勢、アイデンティティーの在り処がすべて刻印されています。生き生きと、真摯に誠実に――。

 

Audible作品紹介より

 

名言

もしあなたが小説を書きたいと志しているなら、あたりを注意深く見回してください――というのが今回の僕の話の結論です。世界はつまらなそうに見えて、実に多くの魅力的な、謎めいた原石に満ちています。小説家というのはそれを見出す目を持ち合わせた人々のことです。そしてもうひとつ素晴らしいのは、それらが基本的に無料であるということです。あなたは正しい一対の目さえ備えていれば、それらの貴重な原石をどれでも選び放題、採り放題なのです。

こんな素晴らしい職業って、他にちょっとないと思いませんか?

P.130:「さて、何を書けばいいのか?」

 

 

『辺境・近境』【配信予定:未定】

 

 

・配信日:未定
・出版年:1998年
・再生時間:未定

▶︎Audible無料体験で聴く

 

久しぶりにリュックを肩にかけた。「うん、これだよ、この感じなんだ」めざすはモンゴル草原、北米横断、砂埃舞うメキシコの町……。NY郊外の超豪華コッテージに圧倒され、無人の島・からす島では虫の大群の大襲撃! 旅の最後は震災に見舞われた故郷・神戸。ご存じ、写真のエイゾー君と、讃岐のディープなうどん紀行には、安西水丸画伯も飛び入り、ムラカミの旅は続きます。

 

Audible作品紹介より

 

名言

「細かい記述とか描写はなるだけ書き込まないようにする。むしろ現場では書くことは忘れるようにするんです。記録用のカメラなんかもほとんど使いません。そういう余分なエネルギーをなるべく節約して、そのかわりこの目でしっかりいろんなものを見て、頭の中に情景や雰囲気や匂いや音なんかを、ありありと刻み込むことに意識を集中するわけです。好奇心の塊になる。とにかくそこにある現実に自分を没入させることが一番大事です。」

P:297

 

以上、村上春樹のオーディオブック作品10選でした。

 

 

名言に触れるだけでも、作者の底知れぬ想像力を感じます…
りはぶん

 

 

Audibleだと、毎月新しい村上作品が聴けるのでとても楽しみ。

 

以前に村上作品を紙の本や電子書籍で読んだことがある人も「耳で読む」ことを通して新しい発見があると思います。

 

もちろん、まだ村上作品を読んだことが無い人は、Audibleをきっかけに村上春樹の文体を楽しんでみましょう。

 

オーディオブックは、スキマ時間を読書時間に変えてくれる読書革命。

 

オーディオブックのメリットをくわしく知りたい人は下記の記事もチェックしてみて下さい。

 

この記事を読んでみる
オーディオブック_メリット・デメリット_アイキャッチ画像
オーディオブックとは?メリット8つとデメリット5つを解説

続きを見る

 

 

村上春樹とは

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像引用:wikipedia

 

1949年生まれ、京都出身。

 

現代日本を代表する小説家・翻訳家。

 

早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

 

村上春樹の作品は世界50カ国以上に翻訳されており、1987年発表の代表作『ノルウェイの森』は全世界で累計1000万部を突破。

 

その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』など。エッセイ・紀行文・ノンフィクションも魅力的な視点たっぷりでおすすめです。

 

なので、日本国内だけでなく、世界中にたくさんの読者がいます。

 

翻訳家の柴田元幸は、村上春樹を「現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人」と評しています。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補ですね。

 

また、村上春樹は翻訳者としても、精力的にフィッツジェラルドチャンドラーの作品などを翻訳しています。

 

 

ちなみに、私の好きな村上作品は『風の歌を聴け』と『1Q84』
りはぶん

 

 

そんな村上作品の特徴をあえて言うなら…

 

「リズミカルな文体」「気の利いた例え表現」ですね。

 

 

 リズミカルな文体

 

 

無類の音楽好き。ジャス喫茶で働いていたときは朝から晩まで音楽を聴きながら仕事をしており、頭の中にはジャズミュージックが鳴っていた、と。

 

きっと、そんな音楽的環境が村上春樹の文体に潜在的に心地良いリズムをあたえているのでしょう。

 

 

 気の利いた例え表現

 

white wooden house on snow covered ground during daytime

 

精神科医で批評家の斉藤環は、村上春樹のメタファーが放つ能力を次のように評しています。

 

「隠喩能力を、異なった二つのイメージ間のジャンプ力と考えるなら、彼ほど遠くまでジャンプする日本の作家は存在しない」

 

ビニール・ラップを何重にもかぶせたようなぼんやりとした色の雲が一分の隙もなく空を覆っていて、そこから間断なく細かい雨が降りつづいていた。

 

引用:世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

 

みたいな表現ですね。

 

正確にいうと、隠喩(メタファー)や比喩は、「例え表現」とはちがいます。まあ、この記事では細かいことはさておき…。

 

とにかく、「〇〇のように」などの比喩表現能力にかんして言えば、村上春樹は他の作家とレベルがちがう、ということです。

 

おそらく、村上春樹の文章は人間の頭の中にあるイメージの世界を編集しているので、言語の壁を越えて世界中の読者に受け入れられているのだろう、と思います。個人的に、村上春樹の表現は身体に訴える部分がありますしね。

 

ぜひオーディオブックという聴覚を通して村上作品を体験してみください
りはぶん

 

村上春樹が語る小説を読むメリット

 

assorted books on brown wooden shelf

 

ところで、あなたは「小説を読むメリット」をご存知でしょうか。

 

意外にも村上春樹は小説を読むことで得られる「効用」を紹介しています。小説をたくさん読んでいると「嘘を検証する能力が付く」とのこと。

 

どういうことか?

 

著書『村上さんのいるところ』で、読者からの質問に次のように答えています。

 

小説の優れた点は、読んでいるうちに、「嘘を検証する能力」が身についてくることです。小説というのはもともとが嘘の集積みたいなものですから、長いあいだ小説を読んでいると、何が実のない嘘で、何が実のある嘘であるかを見分ける能力が自然に身についていきます。これはなかなか役に立ちます。実のある嘘には、目に見える真実以上の真実が含まれていますから。

 

引用:『村上さんのいるところ』p201

 

 

実のある嘘に目に見える真実以上の真実が含まれる。

 

このように「嘘を検証する能力」は、小説を読むことで自然と身につきます。

 

現代は超情報化社会。ネットとSNSにより各個人が情報発信できる時代。でも、その分フェイクも多く含まれます。残念ながら、サギや犯罪はなくならない。

 

そこで、小説が役立ちます。

 

良質な小説を読むことで、人間観察の目が養われます。口先だけの発言やウソが見抜けるように。このような洞察力によって、リアル世界にあふれるウソ情報にまどわされず、本当に大切なことが見えてきます。

 

しつもん君
なるほど。小説のメリットは分かったけど、仕事や子育てに追われて本を読む時間が取れません…!

 

たしかに、その気持ちはよく分かります。私自身も仕事や子育てに忙しくなると、学生時代よりも小説を読む時間が少なくなります…。
りはぶん

 

でも、大丈夫です。

 

Audibleなら、スマホとイヤホンがあれば、いつでもどこでも読書が楽しめます。移動中や家事をしながらでも「聴く読書」で村上春樹が楽しめます。

 

プロのナレーターが文章を読み上げてくれるので内容がスラスラと頭に入ります。倍速再生でもしっかり聴きとれますし、大幅に読書時間が短縮できます。

 

Audible(オーディブル)には、村上春樹もふくめ、おすすめのオーディオブック小説がたくさんあります。オーディブルのおすすめ小説を知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。

 

合わせて読みたい
Audibleおすすめ小説_画像
【2022年】Audible(オーディブル)のおすすめ小説20選

続きを見る

 

 

Audibleなら30日間無料で聴くことができます。サクッと会員登録をして無料期間中に村上作品を聴いてみましょう。しかも、無料期間中の退会なら解約金は0円なのでご安心を。

 

また、Audible会員になると、すべてのオーディオブック作品が定価30%OFFの価格で購入可能。購入した作品は、退会後もくり返し聴けますよ。

 

\30日間無料/

Audibleで本を聴く

 

Audible(オーディブル)のサービス内容について、もう少しくわしく知りたい人は下記の記事も参考にして下さい。

 

合わせて読みたい
Audible無料体験_アイキャッチ画像
Audible(オーディブル)聴き放題プラン【無料体験】を解説

続きを見る

 

 

まとめ

 

 

 村上春樹のオーディオブック作品10

 

 

 村上春樹が語る小説を読むメリット

 

小説の優れた点は、読んでいるうちに、「嘘を検証する能力」が身についてくることです。小説というのはもともとが嘘の集積みたいなものですから、長いあいだ小説を読んでいると、何が実のない嘘で、何が実のある嘘であるかを見分ける能力が自然に身についていきます。これはなかなか役に立ちます。実のある嘘には、目に見える真実以上の真実が含まれていますから。

 

引用:『村上さんのいるところ』p201

 

「嘘を検証する能力」は、小説を読むことで自然と身につく、と。

 

以上、村上春樹のAudible(オーディブル)10作品、村上春樹が語る小説を読むメリットについてご紹介しました。

 

村上春樹は、国境や時代をパスして読み継がれていく作家だと思います。

 

村上作品を1冊も読んだことの無い人も、全作コンプリートした人も、新しい読書体験だと思って村上春樹の作品を「耳で読んで」みましょう。

 

 

audible企業画像

 

Audibleは無料体験ができますし、無料期間中なら0円で解約できます。もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入し、繰り返しお楽しみ下さい。

 

 

\まずは30日間無料で試してみる/

 

 

今なら、Audibleの聴き放題プランが無料体験できます。対象作品は12万冊以上

 

1冊でも気になる本があれば、Audibleの30日間の無料体験を試してみましょう。「本を聴く」感覚がバッチリ分かります。無料期間中でも解約できます。

 

もちろん、お気に入りの本があれば、ぜひAudible会員に登録して定価の30%OFFの価格で単品購入し、繰り返しお楽しみ下さい。

 

 

\30日間無料/

Audibleで本を聴く

 

 

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。
りはぶん

-オーディオブック
-, , ,